丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 高見城山のジャンダルム=馬背山

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

萱刈坂から高見ヶ城山への北尾根は行者山で西北からの厳しい岩尾根と合流して、更に激急斜面の登り降りを経て高見城山に至ります。高見城山からも目立つ二つの岩峰を呼ぶのか、第一岩峰のある岩の姿を呼ぶものか?知らないが、「沼貫(ぬぬぎ)村誌」に云う馬背山(馬瀬山)には山岳寺院があったようです。
  画像は馬瀬山の第一岩峰から第二岩峰 下方の鉄塔を経て大手道が通じていたものか!?巡視路入口近くには五輪塔や石碑の立つ平坦地がある:武家屋敷跡か?
画像

延喜年間の古寺跡を経て、南北朝期に高見山に城が築かれ、此の寺跡付近にも城砦が築かれたようです。 どうやら佐野城と呼ばれた当初の大手道は、この険しい尾根に通じていたのでしょう? 佐野からの大手門と、鴨野からを搦め手とした裏門の釘貫門と呼ばれた山門の位置や、登城口に構えられていた居館:武家屋敷等はわかりませんが、古名:小字名等で およその位置はわかるかもしれません??。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高見城山のジャンダルム=馬背山 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる