アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
向山連山のヒカゲツツジ U
向山連山のヒカゲツツジ U 丹波市の石生・水分れ公園は、日本で(本州一か?)一番標高の低い谷中分水界で、一方は黒井川から竹田川・福知山市境で土師川に合流し、福知山市街地・福知山城近くで綾部市側からの由良川に流れ出て丹後由良で日本海(若狭湾)へ。 また一方は高谷川から柏原川に、母坪・稲継で加古川(旧佐治川)に合流し、川筋が市境界を成す加古川市・高砂市境を瀬戸内海(播磨灘)へ流れ出る。標高100程の分水界起点?がある”水分れ公園”を囲む様に半欠け茶碗の縁を廻る半円状の縦走コースは始点・終点で急登を強いられるが、展望良... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/30 22:13
四ノ山砦 U 丹波市
四ノ山砦 U 丹波市 日本一低い谷中分水界の有る「水分れ公園」を起点に向山連山を目指す登山者は、ゴールデンウイークを前に急増します。登山コース途中・各所に有る岩の展望台からの眺望も楽しみの一つですが、連山縦走コースの尾根上に見るヒカゲツツジの群生。   四ノ山を過ぎて…ヒカゲツツジの間から望む黒井城と千丈砦 今の時期のお目当ては、見頃となる石楠花と同種のヒカゲツツジ。淡い黄緑色の花を咲かせ、コバノミツバツツジの淡いピンクの花と相俟って、厳しい登行の疲れを癒してくれます。三ノ山山頂から四ノ山へは一旦鞍部へ下る・其の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 23:09
丹波竜の里公園 U
丹波竜の里公園 U R176号線篠山市大山下交差点を県道77号に入る篠山川沿いは川代(かわしろ)渓谷を抜ける。殊に篠山・山南町境を山南側に入るとJR福知山線沿いの峡谷に変わる。むかしからの通称!?「川代渓谷」は磐を喰む流れが急なところもあるが、加古川合流点まで流域全域の高度差は大きくない。   丹波竜発見・発掘調査現場  渓谷より両岸が狭まる川代峡谷の名称が地形的にも妥当の様です。桜の名所でもあり川代峡谷の出口となる川代公園(吊り橋を渡って公園キャンプ場・BBQサイト等)があり、西へ約400m程進むと踏切・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/27 09:21
猪崎城 U 福知山市
猪崎城 U 福知山市 三段池公園は慶安2年(1649)三河刈谷藩から4万5900石で入封、寛文9年(1669年)島原藩7万石で加増移封となった福知山藩主・松平忠房が手掛けたとされる三段池を中心とした総合公園で、動物園・植物園・児童科学館や体育館・野外音楽堂・池を巡る遊歩道等もある市民の憩いの場。   猪崎の城から由良川に架かる音無瀬橋(直ぐ左横に福知山城も見える…!!) 先のブログ洋菓子マウンテン側の三段池公園駐車場を西に廻り込むように上り坂を進む車道が大池を挟んで”癒しの喫茶「山段亭」前”を抜ける。むかしは「音... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 22:07
洋菓子マウンテン 福知山市
洋菓子マウンテン 福知山市 元:市民プールだった跡地を芝生公園に、また公園の芝生を囲む様に外周に数店舗が出店して、ゆらのガーデンが開園したのが2012年。駐車場から直接数段の階段を上がる正面に建っていたのが洋菓子マウンテンだったが現在は和食の店。  「洋菓子マウンテン」 先のブログに平壤亭ゆらの店をアップしているが、此のテナントも旧ブログに紹介したときはCafeだった。元「マウンテン」の右手に建つCafe&Bar”マサグラン”は市内でも良く知られた人気店だった。頑張ってこられた此の店も今年(2017.3)閉店してしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 20:46
福知山城 U
福知山城 U 先のブログ平壌亭”ゆらの店のある「ゆらのガーデン」から城公園の濠に架かる太鼓橋状!?の昇龍橋に向かう。橋の欄干を通しての城址や起立する天守の姿は絵になりますね。とりわけ開花時期の桜は濠の水に溶け込み・映り込み、城の石垣に映えて素晴らしい… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 11:33
平壤亭ゆらの店 福知山市
平壤亭ゆらの店 福知山市 塩津峠を越えて福知山市に入るR175号は「東堀」でR9号に合流する。交差点を直進する府道55号が福知山城・市役所前を通る”お城通り”。綾部市方面に向かう府道8号に入る「松縄手」交差点とのほぼ中間点付近に「平壌亭福知山店」がある。平壤亭は亀岡・園部・福知山にある焼肉専門店。今年始め綾部方面から広域農道を通り音無瀬橋から福知山城東側にある”ゆらのガーデン”に寄った際・焼肉の&gt;””平壤亭”ゆらの店を知ったが、既にオープン2年目とか!!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 21:53
牛居構居 加西市
牛居構居 加西市 県立フラワーセンター側からは、県道716号線の中西町・琵琶甲町交差点を過ぎ南へと下り坂が続く直ぐ先・右手に牛居大歳神社があり、境内に牛居城主:牛居之祐顕彰碑と碑文がある。立地環境からもL字状高土塁で囲まれる神社本殿…が牛居城(牛居構居)跡と推定できるが、居館跡?を示す字名「殿垣内」は神社南下の圃場にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 21:05
Cafe FLAT 加西市
Cafe FLAT 加西市 中国道加西ICから県道716号に入る車道は、玉丘史跡公園に向うか、花家族会員でもあった母を幾度か送っていった「県立フラワーセンター」へ通じるが、今回は北条鉄道法華口駅側〜志方の城山(中道子山城)方面に通じる県道716号線へ直進。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 21:06
三号突撃砲G型戦車 <papercraft>
三号突撃砲G型戦車 <papercraft> 第二次世界大戦中にドイツで開発された主力装甲戦闘車両の一つ・三号突撃砲は三号戦車(Panzerkampfwagen III 20トン級中戦車)の車台を流用して製造され突撃砲。先のパンツァーIV号D型戦車同様に戦車第二弾の三号突撃砲G型(papercraft)も極小パーツの組立てに苦労… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 08:44
播磨中央公園:桜の園 加東市
播磨中央公園:桜の園 加東市 中国自動車道滝野社インター入口交差点側にオープン(2017年3月)したコメダ珈琲店滝野社インター店を出ると駐車場からは、光明寺から播磨中央公園にかけて五峯山の山麓に淡いピンクの薄化粧…が望める。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 21:00
コメダ珈琲店滝野社インター店
コメダ珈琲店滝野社インター店 コメダ珈琲店は潟Rメダホールディングス(名古屋市に本社をおく)がフランチャイズ事業の喫茶店チェーン店運営を全国的に展開している。もう4年程前だったか!!?・いまも続けられているTBS系番組「○○マンデー」のなかに「コメダ珈琲店」が発祥地名古屋の何処かの店が取材されていたのを見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/09 22:45
庚申殿と八幡宮 丹波市
庚申殿と八幡宮 丹波市 R175号野村交差点からの車道が「黒井東交差点」で黒井川沿いの市道と交差する。北へ直進する車道は前のブログ[猫山は根小屋…]についてUPしている猫山西裾を辿る旧街道筋。一つは今も卯建を遺す古い町並み風情が続く。一つは黒井城主下屋敷として・また将軍家光の乳母:春日局(幼名:お福)出生地として知られる興禅寺参道前を抜け、どちらの道も・今も利用されている井戸前(此の坂上には馬用水場もあったと云う)に出る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 20:32
猫山は根小屋… 丹波市
猫山は根小屋… 丹波市 先日:市役所春日庁舎・春日文化ホール間の広場を会場に年一回の福祉関連イベントが行なわれ、参加の妻を送っていった際、山手の興禅寺に至る黒井城下の旧街道筋を歩いてみた。会場の春日庁舎からも正面に黒井城が望まれ、登城中らしい子供達の声も聞こえている。   猫山の南端 黒井川沿い満開の桜堤景観を拝する未だ未だ遠い。春日町に入って直ぐ・船城小学校付近では秋にも狂い先の桜をみることさえあるが・・・。初夏からは黒井川庁舎側に10数年前までは見掛けたオグラコウホネだが、保護柵も無いようで、既に絶滅したのかな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 22:31
LITTLE MERMAID氷上店
LITTLE MERMAID氷上店 阪急夙川駅前が広場となりロータリーになり周辺が大きく改変される以前の駅前は、右手に本屋?、左に羽衣屋(洋菓子店 阪神大震災以後・延長工事が急速に進んだ山手幹線道路が夙川駅-境界側を抜けスッカリ様変わり。駅正面・山手幹線を挟んだ正面の新ビルにリトルマーメイドがある。其の通り南側に・むかしからある和菓子の老舗は知っていたが西宮を離れてからは、駅や上流・下流につづく夙川堤を散策することもなくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 11:19

<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

丹波霧の里BLOG 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる