丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS カフェ ラントブロート 福知山市

<<   作成日時 : 2017/05/01 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ご夫婦で開店されていたが、僅か開店2年ばかりで残念ながら閉店してしまった。お気に入りの店Moonbeck cafeが広小路にあった。
カフェ ラントブロート
画像

丹波を平定し此処を福知山と命名、塩見氏の横山城を福知山城として改修・初代城主明智光秀を祭神として祀る御霊神社から由良川に架かる音無瀬橋に向かう約300m程の広い通りは、夏の風物詩・福知山音頭の”♪ドッコイセまつり市民総踊り大会”のメイン会場と各町や団体の「連」が繰り出す通り。
パン工房ラントブロート
画像

一大イベントの花火大会が音無瀬橋近くの河原。思い出も薄らいでいるが私にとって「広小路」と云えば昔?(60数年前)から此の通りを指す。現在のJR福知山駅周辺とはすっかり様変わりしているが、当時は百貨店・銀行・アーケード商店街も活気漲り、市街地の中心地だったが!!?…
画像

平壌亭ゆらの店にも記したが由良川の福知山城側「ゆらのガーデン」や音無瀬橋南側も、河川氾濫により、繰り返される水害に悩まされる一帯。市内最古の町家を改修した”由良川や水害の資料の展示されている治水記念館や、御霊神社には”昭和28年(1953)9月:台風13号による浸水位標高29m69p”の表示板が立つ。
 
画像

Moonbeck cafeさん・ゆらのガーデンの「マサグラン」さん?も、2013-14年連続のも浸水被害の遭われたが店を回復されていたようの思えたが・・・
以前のお店Moonbeck cafeの店内画像と見比べて見て下さい…!!?
 
画像
  
Moonbeck cafeさんの後、パン工房ラントブロートさんがオープンされたパン屋さんのカフェ ラントブロート<福知山市上紺屋>があり、開店して粗1年になるという。
サンドウイッチセット<厚切りベーコン・トマト・卵>
画像

”パン工房ラントブロート”さんは広小路通りをカフェの店から西:御霊神社側へ約200m程のところ。ガラス引戸を開けて入る小さな?パン屋さんで近所の職場?から寄られたと思えるサラリーマンら利用者の姿も見るドイツパンの人気店。自家製パンカフェとしての人気も定着しそう…
   ホットサンドセット<バジルチキン&野菜> 
画像

カフェの方は前身のMoonbeck cafeと内/外装ともに大きくは違わないが、入口のドア・窓枠の色が濃いブラウン系に、店内1階は明るくオープンな感じ、2階は天井の太い梁や、窓は細いスリット枠になり、古民家風情を漂わせ、一番奥は子連れママさんには嬉しいキッズルーム。吹抜けの内側手摺にも下部に子供の転落防止?桟が設けられ一安心!!…?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カフェ ラントブロート 福知山市 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる