丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS コーヒーサロン リスボン 丹波市

<<   作成日時 : 2017/05/05 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ホームページ「丹波霧の里」を開設した頃の平成13年(2001)、R175号線の夫婦橋(レストランがある)の直ぐ先、「朝阪(あさか)交差点を右折し喫茶店南角から送電線が延びる丘陵の峠(福田坂)を越えるとR175号「草部」交差点に出る地区道で、福田坂から古寺山岩屋山・石戸山・高見城山へ縦走した。
画像

氷上町成松方面から県道109号で弘浪山白山裾(赤井氏・黒井城主荻野直正の出生地)を抜ける。岩尾城のある和田方面に向かう県道532号となる始点で加古川に架かる夫婦橋を渡ると「朝阪」交差点に出ると正面角に目立つオレンジ色の一軒家カフェがコーヒーサロン リスボン<Coffee Salon Lisbon  丹波市氷上町朝阪>。食事処の「夫婦橋」ともに20数年?前から営業されている老舗の喫茶店…!!?。
画像

建物板壁が鮮やかにオレンジ色に塗装されて数年だが、以前は桜色だったか?色褪せていた所為だったのかも、少し離れているが隣が手芸店の店なので、よく母を連れて寄った行き帰りにお茶やランチに利用していた店だった。朝食の食パンを切らしていたので久しぶりに立ち寄った。
画像

昔からの「Lisbon」店名を気にもしていなかったが、笹倉鉄平氏(丹波市山南町出身)の数多いヨーロッパの風景画に描かれたポルトガルのなかのリスボン?に此の建物のようなカラフルな色つかいの民家の一つが在ったような?。しかし店内の内装・様相は以前と変わりなく、西ヨーロッパの風を感じるような調度・絵画等があるわけでもなく、 ザックバランな近在地元客らのコミュニテイ-・スペースのよう。半個室に板壁で仕切られた落ち着ける空間だが、昔から喫煙者の利用が多いよう。禁煙席はないのでちょっと。愛想よいスタッフの対応が悪くないだけに、ちょっと残念な気はする。
画像

壁に「つめた〜いコーヒーぜんざい」の貼り紙が…。昨年末も丹波市内36飲食店での期間限定キャンペーン”丹波大納言小豆ぜんざいフェア”が行なわれていて、此のブログで紹介した何店かも参加されていた。 その中の1店”草部交差点”からも近いカフェ&鍋 ”いくの”さんのコーヒーぜんざいは、マスターのお母さんが大阪市内で喫茶店をされていた頃にメニューとして出されていたという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コーヒーサロン リスボン 丹波市 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる