丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS いやしの空間Cafe ちぐさ 福知山

<<   作成日時 : 2017/07/24 08:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

丹波市から綾部市内の親戚への行き帰りには、市島町から六人部(むとべ:政治家芦田均氏生家)を見てR9号に出て、舞鶴若狭道沿い・自衛隊演習場との間を府道525号から、京都府立工業高校下/セブンイレブン前にある”ちぐさ”の店前を通って府道8号JR石原(いさ)駅前に出る。  
画像

高台に建つ府立工業高等学校の並びに牡丹寺で知られる洞玄寺石原城<洞玄寺城>】・府道525号を挟んで現在は舞鶴若狭道が山腹を巻く丘陵上のヌクモ城(石原古城!・石原上城?)へ2007-10年頃に幾度か訪れている。”ちぐさ”は以前より山城仲間を諸城案内後・いつもの打上反省会用にと下見のつもり…だがclose時間が早いので利用は無理かも知れない
画像

綾部市内の親戚も家に寄った帰路に時々喫茶休憩に寄るというちぐさは・此の頃既に在ったと思うが、福知山・綾部側(地元)の殊に女性には人気のカフェ?。カフェとして紹介するには正式名が”くらしのギャラリー ちぐさ”店内にカフェ部門としていやしの空間Café<福地山市字石原>があるだけなので、ギャラリー内の癒やしの空間Caféに”ちぐさ”名を付け表記した。
画像

古民家というより福知山・綾部市内に在った町家建築を此処に移築し、ギャラリー&Cafeとしてリノベーションされているようだが、黒光りする古色を剥き出しの太い梁組や柱が、落ちついた建物雰囲気や風情を、センス良く活かして窓辺や壁棚に展示されている。
画像

店入口ドア付近に営業中を示す”Café &雑貨”看板とメニュー架があり、雑貨店のイメージで入店すると、フロア内は夫々…オリジナリティな個性のある作家さんの手になる自然素材の衣料類や木工家具類・陶器やガラス製食器・アクセサリー・小物類作品等がフロアの大部分を占めて展示販売されている。袋戸棚等には余り食器店でお目にかかれないデザイン・色彩ともに奇抜・大胆な図柄の皿類が収められてあり、オーダー客に掲示されていた。
画像

ギャラリーのなかの一部門?として商談・休憩用のカフェ・スペースが設けてあるよう?に思えるほどだが、入口正面のスクリーンの奥と2階・ギャラリー主展示ルーム端にテーブルが2-3席とカウンター席(喫茶用ではないかも?)、裏手(東)の第二駐車場?側の庭にオープンテラス席もあるようで、竹垣続き茶庭のような狭い露地を抜けて”ちぐさ”正面(府道側)に廻ってくる。フロア内事務室風?は外看板にあった「土地建物○○」のブースか!?。 
画像

店入口のウェルカムボードをはじめ店内に猫の写真や絵・置物・茶碗やカップの図柄…等々が飾られている。いやしの空間Cafe ではトースト・ブランチ等軽食があり、ランチ時だったので野菜サラダ多めのタコライスにデザート・珈琲付セットを注文。小皿には自家製ピリ辛ソースがタップリ。ドリップ珈琲は直ぐ後で残り(たっぷり一杯分有り)を此れまた個性派作家さん作品のポットで提供… 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いやしの空間Cafe ちぐさ 福知山  丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる