丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹波の和食処 由良川 福知山市

<<   作成日時 : 2017/07/27 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本一低い谷中分水界:石生の水分れ(丹波市)を発する流れは高谷川から加古川を太平洋側へ、一方は黒井川から市島地域の中央部を抜ける竹田川が府県境の田野城(福知山市田野)北麓で土師川を併せ、福知山城東方の北側で由良川に合流する。由良川は南丹市美山町から綾部市を福知山市へ、土師川や和久川・牧川…を併せ大江町から舞鶴市境を宮津市(丹後由良)で若狭湾に流れ出る。
画像

蛇足ながら丹波史年表に朱雀天皇の天慶8年(945)久下村の山椒太夫が丹後由良に移るとある!?。丹波市山南町池谷は朝倉山椒の特産地・久下(山椒)五郎兵衛(池谷久下氏の祖)は京都御所の山椒御用を承り、亀岡付近に山椒畑を所有して領主に献上・領主より江戸へも献上・・・山椒を売って業とし、後に丹後由良に移り千軒長者と呼ばれたとの伝承もある。尤も「散所」の太夫(親方)として荘園の警護や由良川の水運に奉仕した、人足頭(人買い・奴隷売買…)を業とした者か?。
画像

山椒大夫安寿姫と厨子王丸は説経節「さんせう太夫」物語を語り歩いた(口承文芸)のも散所の徒。詳細はWikipedia等で確認してください。蛇足と言いながらの…長話 福知山城側「松縄手」交差点で府道8号へ折れ土師川を渡った「土師」交差点で府道8号は東へ左折する、直進はプロバンス付近でR9号(自動車専用道:舞鶴若狭道福知山IC方面)へ連絡する。此の「土師」交差点の南東角に建つ福知山ウィークリーホテル 1Fに(法事や宴会には其の南側に2F等への専用入口!!?があるよう!!?)。
  
画像

丹波の和食処 由良川<福知山市土師宮町>は、旧グルメ関連ブログの紹介していたのが10数年前。何度か訪れていたが今回6-7年ぶり…外観は変わらず、フロント?(ホテルなので!!)レジ位置は同じだが、他フロア・テーブル席等内装レイアウトは大きく変わっていた。
土師川側にある「由良川」の店名に拘る人もいないでしょう?。丹波の食材と素材を活かしての地産地消に努められ・リーズナブルで美味しくボリュームもあり、メニューも定食から会席・懐石…、ホール担当の接客も明るく・親身で好感度アップです。先のブログ前田愛宕山城へは直線距離で東北約600m程…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹波の和食処 由良川 福知山市 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる