丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛艦きりしま<papercraft>

<<   作成日時 : 2018/03/23 20:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明治40年代に建造された4隻の金剛型巡洋艦【金剛・比叡・榛名・霧島】がある。1番艦:金剛は外国に発注された最後の主力艦。2番艦:比叡は横須賀工廠・3番艦:榛名は民間の川崎造船所で建造された最初の大艦。
画像

4番艦:霧島も大正4年三菱造船所で竣工し、此の金剛型4隻をもって日本海軍の第3戦隊が編成され、最強の巡洋戦艦艦隊が出現した。(初期には戦艦・巡洋艦は区別されていたが、戦艦のスピードアップしてきたことで区別されなくなった?・・・)
画像

霧島は昭和11年改装され太平洋戦争の昭和17年いち早く敵艦の行動を察知するレーダー戦により対策・対処することで勝敗を決まる重要な、電探装置を未装のまま・比叡とともにガダルカナル島方面で戦没している。
資料参照【海軍Z 昭和56年 誠文図書(株)発行・監修:財団法人資料調査会海軍文庫】

  舞鶴:自衛隊北吸桟橋の護衛艦「すずなみ」と「あまぎり」
画像

海上自衛隊イージス護衛艦「きりしま」<JS Kirishima DDG-174>の1/200スケールのペーパークラフトが紙模型工房さんによりダウンロード無料公開されていて何年前になるのかな?。長さ約70cm・幅約10cmの嘗てない超大作なんですが…
画像

作りかけていた工程も最後のほうになって、本業繁忙につき続きの部品部分公開が1年ほど?延長されている間に、倒れたのか誰かに踏んづけたか?で作成途中の「きりしま」は潰れてしまい破棄していたが、対戦ソナーやスクリュー…も再現されているフルハル仕様の艦なので是非完成したい・・・【Hull=船体 Full Hull=喫水以下船体全再現模型】
 艦が長くなった為、艦尾デッキの隙間も模擬補足
フルハルのスクリュー部分

画像

何かの機会に「紙模型工房」さんWebページを覗くと全工程部品が揃い公開もされていたので再トライ。展開図を一挙・一括ダウンロードしたが、心臓部の艦橋部とその船底部に若干サイズ違いによる誤差があり、どこか歪な処を誤魔化しながら進めたので仕上がりが今ひとつ・・・
 艦が長くなった為、係船装置は模擬・予備部品も使用して補足。
フルハルの船首錨・艦砲・対潜ソナー等

  
画像

海上自衛隊の護衛艦「きりしま」はこんごう型護衛艦4隻のうち2番艦。旧日本海軍の金剛型巡洋艦【初期には戦艦と巡洋艦は区別されていた…!?が】も金剛と4番艦の霧島…と4隻建造されており、一番艦「こんごう」・二番艦「きりしま」が同規模の艦艇名称として二代続けて使用されている。 
    
画像

こんごう型はアメリカ海軍以外が初めて保有したイージスシステム搭載ミサイル護衛艦(イージス艦)で昭和63-平成5年度にかけ4隻(DDG173-175)【こんごう・きりしま・みょうこう・ちょうかい】が建造された。2番艦「きりしま」は海軍巡洋艦「霧島」と同じ三菱造船所で建造され、平成7年(1995)から就役している。
  「こんごう型護衛艦:護衛艦きりしま はWikipediaを参照」
  
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛艦きりしま<papercraft>  丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる