丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 細工所砦 篠山市

<<   作成日時 : 2018/04/11 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中世戦乱の世に兵庫丹波(現:丹波市と篠山市)の黒井城主(丹波市)悪右衛門を称した赤井直正が丹波の赤鬼と恐れられたことは知られています。勇猛・果敢な将兵等は殊に八上城(篠山市)主波多野氏配下の武将等は丹波鬼と呼ばれ、
細工所城(荒木城)登山口から城山(中央奥)
画像

なかでも籾井城主の籾井教業は丹波の青鬼細工所城(荒木城)の荒木氏綱(氏香)を荒木鬼の異名をもつ。織田信長:天下布武の丹波攻略の天正期:明智光秀による黒井城・八上城攻略に丹波は平定されていきますが、
    尾根側を遮断する堀切(秋葉社祠から)
画像

多勢に無勢は全滅に近い籾井城の本名谷合戦や荒木氏の細工所城麓の戦いも、「…細工所地獄xxx岩ヶ鼻 立ち地獄」の俗謡が残り、細工所では全滅…”立ち地獄”は泥濘む田圃なかで矢を射掛けられ立ったまま死んでいった…という凄惨を極めた戦いになったことでしょう。
  
画像

細工所城への大手登城口近くに那須与一大権現を祀る瑞祥寺がある。寺/墓所の背後の丘陵末端部には尾根続き背後を堀切で遮断し、堀切側の土塁上に秋葉社の祠を祀る城砦遺構が遺る。天文年間末期(1532〜1555) 園部城に拠っていた荒木氏綱が居城を築います。
   上り土塁から枡口虎口状?を大曲輪(約40X50m程)に入る
画像

其の居館が東細工所(井串)に此の城館跡とも推察します。細工所城落城後に明智勢が八上包囲の軍を置いたのが瑞祥寺背後の此処:細工所砦とも考えられ、土塁・堀切をもつ三段程の曲輪のなか・最大曲輪(50x40m程)へ斜上して入る虎口部は本拠:細工所城虎口にみない枡口虎口形状は織豊系!!?。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
細工所砦 篠山市 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる