丹波霧の里BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 登山とキャッスリング 2

<<   作成日時 : 2007/01/07 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

城山へ登るときは出来るだけ横断・縦断・縦走して広範囲に見て回るようにしています。自然の要害を利用しての山城ですが、土の城では顕著な遺構も残らず、確認が難しい城址も多い。城域周辺の弱点を補強する防備施設の遺構確認の上にも必定。
其のため谷筋や主尾根・枝尾根を縦走して、大手道・搦め手道を考えてみるのも重要かと。本城に通じる尾根筋に残存する城砦跡に辿りつくのが、全山要塞とされる八上城や黒井城です。高見城山から北に延びる尾根先が更に田園風景の中に溶け込むように低丘陵となって柏原川・佐治川(加古川)に沿う国道筋に落ち込む先端には、一種の水城とも云われる穂壷城が在ります。
【黒井城西ノ丸の土橋付き堀切】画像
小さな三角点ピークからは高見城城砦群の幾つもの城砦が高見山城に点在します。しかし此のコースは主たる三角点峰もなくピークハンターの山家さんは敬遠でしょうし、ハイカーや城トレッキング者にとっても、山慣れた登山者にとっても危険な程、手懸かりの無い砂地の、しかも細い尾根の急斜面を登り降りして、岩場を捲く程のコース?。
しかも此の高見城三の丸(愛宕社が祀られている)手前の鞍部を挟んで砦跡らしい曲輪がある。高見城北出丸か?。険悪な絶壁上の狭い岩尾根に点在し、山名からは修験の行者堂が有ったのかも知れないが、其れは落城以後の事と思えます。南曲輪は鉄塔工事により発掘調査されていますが、此処は如何だろう?高見城関連としての資料や記録は知らない。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
天々さん、新年おめでとうございます。

山中踏査に良い季節ですね。
 虫や蛇も居なくて、不愉快な蜘蛛の巣も無いし、大汗もかかなくて済む・・。 難点は日が暮れるのが早いくらいかなぁ。天々さんの近くでは積雪なんですね。
 以前、教えて頂いた「美山町」の城砦群にも行って見たいですね。狭い地域に特徴を持った山城が点在するのも、その立地ゆえでしょうか。

本年もよろしくお願い申し上げます。
山城甚伍
2007/01/08 11:42
甚伍さん 此方こそよろしくお願いします。柏原織田藩関連で大宇陀の城には興味があるのですが秋山城の他牧城・本郷城・本郷東城・平尾城辺りを遠路なので一気に攻めたいと思っていますが位置・登城口は未調査のまま・・・(^^ゞ

暮れには一緒できず残念でしたが昨日の黒井城と支城群の中に写真を追加・入れ替えたりしています。 千丈寺山砦の土塁や殆ど気付かず通り過ぎるだろう「西太鼓の段」の大土塁・西の丸の櫓台下部の土蔵状も写真写りが悪く遺構が判り辛いのでカットしましたが本城の石垣遺構でも見て 思い出してください。
美山町の城 島城は縄張り図外にも発見があるかも スカ無しの必見の城
中村城も浅いが扇状に拡がる畝状と主郭中央付近の空堀?は見逃せないですね
今宮城は連続する堀切群ですね ただし城跡までの労多し・・・(^^ゞ
八田城は籾井氏関連で寄ってみたが峠を護る砦だったか!数段の平坦地があるだけでしたが、井尻城は訪城が簡単な割には 切岸高く・掘切も大きい 尾根を辿れば 街道筋を睨む砦も在りそうです?
最期になりましたが山城さんへのBLOGへ LINKお願いしたいのですが よろしいですか
天々宇知栗
2007/01/08 17:26
「甚の掲示板」への返事を書き込んで、こちらにきました。確かに双方向のコミニケーションボードは便利ですよね。

 国土地理院の地形図閲覧ですが、モノクロ版の頃に、時間をかけてプリントアウトして、切り貼りして一枚ものにしたのですが、今は該当部分だけ印刷して参考にしています。

 地形図をコピー(CTRL+C)して、Windowアクセサリーのペイントソフトを起動して貼り付け(CTRL+V)。

 範囲選択をして画像を切取り(CTRL+X)、ワードかエクセルに貼り付け(CTRL+V)て印刷します。

 上の娘に尋ねて教えてもらいました。
画面表示サイズですが、結構使えます。

PS 黒井城「西の丸」に向う途中、本丸側斜面にあった溝は竪堀だったんですか。「えらい場所に溝があるなぁ、崩れかな」と思ったんですけど・・。
山城甚伍
2007/01/10 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
登山とキャッスリング 2 丹波霧の里BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる