故郷は遠くにありて想うもの

「ふるさとは遠きにありて思うもの そして悲しくうたふもの・・・」室生犀星の有名な詩ですね。 住めば都・・・とも云いますが  (^_-)-☆
故郷(ふるさと)って なんだろう? 生まれ育った思い出の土地が ふるさとか?
都市部に住んで 私には「ふるさとが・・・田舎が無い」 とも聞く?
肉親や友人・知人が居る 歩いて通った小学校 自転車で通った中学校 母校がある。都会に生まれ育っても 田舎に居ても また幾度か転居を繰り返していても どこか 「ほっ」と気の休まる こころ落ち着けるところ”其んな拠り所がある筈ですよね。 第二 第三の故郷を持っている人は それなりに幸せかも・・・!
   
画像

故郷を離れて ふるさとを思い出す契機には ”ふと”何かのはずみに 口ずさむ 校歌の一フレーズにも故郷を代表するID(アイデンティティ)が含まれていますね。その故郷をテーマとする数あるIDの一つからでも個人により想い・とらえ・感じ方は異なるでしょう。
ふるさとは 遠くにありて想うもの・・・登山を主体のHPを立ち上げてから、ふるさとを思い出す契機になればと、まだまだ収集途中ですが「校歌・故郷の山」のリストを作ってみました。1フレーズでも著作権の問題となるかも知れませんが、一例を索引としてリストアップしています。大方の学校からは了解を得て、相互リンクさえいただいている学校もありますが、一部には掲載非のところも有ります。一般詩歌とは表現が大きく異なったり人格形成や故郷が謳われて、今日のテーマ【故郷】の捉え方の一つが「山」だけをとっても含まれています。
    丹波富士(大箕山) 道の駅あおがき から遠望  
画像

一つのテーマ「山」をとっても リストアップしてみて初めて・様々な捉え方・表現方法がある事が分かりますね。全国に一つは存在する?「おらが富士・ふるさと富士」に対する想いにも、我が故郷のIDとしての存在を感じます。
 今:その故郷にUターンしてきて 「ふるさとは近くにありて 感ずるもの・・・」 其の概観(外観)から  より内面に触れ 伝えていければ良いかな・・・!! と思っています。挫折しないように ふるさと情報の発信 続けていければよいのですが・・・・・(^~^;)  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YORI
2007年03月14日 21:15
“故郷”…いい響きですね。
田舎に育った私にとって、故郷は紛れも無く実家ですが、故郷とは『田舎』の事だけでは無く、都会で育った人にとっても子供の頃の思い出が沁み込んでいる場所、それが故郷なんだろうと思います(^。^)
土地だけでなく“心の故郷”と言うのももあるでしょうね。
若い頃口ずさんでいた音楽を久しぶりに聞いて心がときめく…こんな時も故郷に戻ったような気がします(笑)

天々さんのサイトには、そんな“故郷”が満載!!(^^♪
これからも楽しく拝見させて頂きます。是非頑張って一杯“故郷”を届けてくださいねヽ(^。^)ノ
2007年03月15日 21:32
YORIさん の心の故郷というか、拠りどころと云おうか! 精神的な使命感で「故郷」を届ける東条谷 其の最も入口と思える加東市東条町の念仏城主 田尻甲斐守忠行について 何か判りましたら教えてください。田尻総領家の「總持院」さんとは、 寺院近くに甲斐守の供養塔があり其処には多田源氏xxxの朽ちかけた説明板があり、多田源氏(清和源氏)かxxx?のコメントや記事内容に誤りが多いと指摘を受け 大幅に内容削除したままです。 突然:現れた田尻氏と赤松家との関連等疑問も多く 念仏城再訪を躊躇しています。加東郡誌も詳細不明で記述されていないのかも? ほかによって見たい城砦も田尻氏関連を考えると訪城(城林城では無いですよ)したい城(亀山城)の情報皆無。地元情報でも場所や城名さえマチマチ・・・要害にあって面白そうですが 画像だけのUPなんて出来ないものね・・・(^_-)-☆

この記事へのトラックバック