柏原:織田まつり

柏原藩は、慶長3年(1598)織田信長の弟・信包(のぶかね)が丹波柏原に36000石で移封されたのに始まり3代信勝が死去したが後継の子が無く廃藩となり、以来所領は45年間天領となっていたが、大和宇陀藩から織田信休が【父:信武が刃傷事件を起こし自害した宇陀騒動の処罰として減俸されての】20000石で入封して後期柏原藩織田家が引き継いで明治の廃藩置県により廃藩となります。写真は陣屋内書院の間
画像

其の歴史の柏原町内を練り歩く時代行列が、柏原藩陣屋を出発し武家屋敷や町屋の風情を残す町内には入り、「つつじ太鼓で知られる太鼓櫓」前を通り、嘗て八幡神社の門前町として栄えてきた柏原町の原点に到着します。此処には町のシンボル・木の根橋が行列の到着を待っていました。  【H19年10月14日】
 写真は八幡神社下・木の根橋・旧柏原町役場前にて
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック