丹波吉野・鐘ヶ坂

江戸時代後期の浮世絵師・歌川(安藤)広重が「六十余州名所図会」のひとつ「丹波鐘坂」が有って、此れには巨岩が巨岩に橋のように架かっている「鬼の架け橋」が描かれています。
画像

此処には天正期:明智光秀が波多野氏(篠山)と黒井の赤井氏との連絡を断ち丹波攻めの拠点の一つ金山城がありますが、峠越えの道は昔より名にしおう難道でした。現在でも車では坂とカーブと通行量が多いので冬季や桜・紅葉のシーズンでは見とれて脇見運転は危険です。
画像

今も昔も篠山市と氷上郡・郡境の鐘ヶ坂は交通の難所で、現在の国道176号線鐘ヶ坂トンネル(昭和42年開通)の柏原側出口の西上方に旧トンネルへと延びる荒れた道路跡が続きますが明治16年(1883)我国の道路トンネルとしては最も早い時期に開通し、その重要性が窺えます。
画像

この開通を記念して峠道に桜を植え「丹波吉野」と呼ばれるようになり鬼の架け橋と共に丹波の名所にもなっています。しかし今は国道の峠道を越えて鐘ヶ坂公園を通る車は無く、新鐘ヶ坂トンネルを抜けるバイパス道が通じて篠山市と丹波市の大動脈として流れています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック