五色塚古墳と小壷古墳 神戸市

明石まで出てきたが公共施設が月曜日の為休みで行けなかった所に、市立文化博物館や神戸市側に入った垂水区の五色塚古墳がある。五色塚古墳は兵庫県下でも最大級の前方後円墳で、昭和40年から10年を掛けて発掘調査・復元工事され、現在見る様な築造当時に近い姿で観察ができます。墳丘の大きさは全長194m、前方部の幅81m・高さ11.5m、後円部の直径125m・高さ18mで周囲に幅約10mの環濠が巡らされている。
画像

濠の内にも祭祀のためか”造り出し”ではなく単独の方墳?のマウンドもあり、西隣りには小壺古墳がある。直径67m・高さ9mで2段に築かれた円墳で、墳丘の先に明石海峡大橋の橋梁先端部が突き出して見える。二段に築かれた墳丘・斜面・テラスに葺石はなく、墳丘頂部とテラス部には埴輪列が廻らされていたという。築造年代は、五色塚古墳とほぼ同時期のものと推定されています。
画像

五色塚古墳前方部の南側(そば)をJRが走るが、此の路線の建設工事で南端が崩され切断されたが、古墳全体の長さは更に3倍(約300m以上)程にも及ぶ大型古墳だったといいます・・・墳頂部には数多くの円筒埴輪や朝顔形埴輪が並べられていたところからか「千壺古墳」とも呼ばれるようです。其の西隣横に芝生の岡が円墳の小壷古墳で、石碑と説明板が立つ。共に古墳時代前期(4世紀末~5世紀始)の築造とされていますが、巨大な五色塚から比較すれば陪塚(ばいちょう)の様です。どちらが先に築かれたのか、五色塚との関連も・五色塚の埋葬者・大和中央政権との繋がりや地方豪族との勢力・相関関連も不明なのでしょうか・・・・・?。
画像

内陸部では河川の流域を支配した首長格豪族の巨大古墳が築かれるのに対し、此処のスケールからは明石川や福田川流域を押さえた勢力が誇示して築造するには不釣合いな程大きい。しかし目前には瀬戸内の明石海峡を望む展望の地。「日本書紀」にみる五色塚古墳の名称伝承とも取れる、「船を編みて淡路嶋にわたして、其の嶋の石(淡路の五色浜付近から運んで)を運び、葺き石等に使用して造られた」・・・との伝承からも、当地方において・此の瀬戸内海を支配して勢力を張った首長級の古墳だったのでしょう!!。
画像

日本書紀からは淡路西海岸の「五色ヶ浜」付近から運んだものか?五色に所縁が有りそうですが、陽光に耀く葺石が「五色(黄金色)」に輝いて見える事から、また古墳の形態が炊飯用の甑(こしき)に似ていることから「こしき⇒ごしき」へと転訛したもの・・・等の説が有るようです。
加悦古墳公園私市丸山古墳のイメージを重ねながら外周を廻って遠望するだけで引き返さざるを得ないとは、残念です。
現地案内板・ウィキペディア(Wikipedia)等を参照

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2008年10月24日 13:30
こんにちわ
 私のブログの古墳公園に高度300mから撮影した空中写真があります。
2008年10月24日 19:25
ポルトバザールの駐車料金が気になるようでは、チャーターした空からの遊覧は 夢のまた夢ですね・・(,,-_-)
食事等の利用が3000円以上でないと無料にならない・・・!! 此処から2号線に出る手前で頭上にのしかかるように巨大な五色塚古墳が見えますね この日は残念ながら休み・・墳丘部からの眺め 素晴らしかったと残念です

この記事へのトラックバック