「館山城」  篠山市

館山城といっても千葉・館山市の様に天守が聳え、里見八犬伝でも知られる名城とは ほど遠く、丹波の片隅に紹介される事も無く、名さえ知られず、あまつさえ主郭部の狭い山頂部には浄水道施設が建てられており、当初の削平されていた遺構の状況が変えられた小城がありました。
             浄水道施設の一段高みにある主郭
画像

多紀郡(篠山市)から京都府の一部をも勢力下に治めていた八上城・波多野氏も、弘治年間(1555-58)三好長慶軍の侵攻に、丹波を追われ敗走した一時期が有りました。「細川両家記」による龍蔵寺城での合戦は、龍蔵寺城が現:龍蔵寺の僧坊堂宇を城郭化したものか、高山城(真南条上城)を指すものかは、確定されてはいませんが、二村神社の東・棚田を挟んだ丘陵上に其の高山城があり、西方の丘陵尾根末端部の頂部に館山城(枝城)があります。下城・上城の二段式縄張りの高山城・二本の片堀切の間に竪土塁!!を持つ館山城といい、一帯に城を築いた酒井党の城には余り例が無い? 落城後は三好氏か八木城主(京都)内藤氏や配下の家臣が居城していたのかも知れません。
画像

        クランク状の土橋と左手の二本の片堀切の間には竪土塁が延びる
法光寺城と共に兵庫丹波における三好氏関連の城として 高山城主:河村紀伊守嘉高の枝城として、隣接の館山城も河村氏か一族の城と考え 山城オフ用の下見に再訪してみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック