四季山城 篠山

昨年末に周辺を散策して、渋谷伯耆守居館・酒井監物館や、女畷や乙女塚のある野中集落の周辺に もう一つの館跡を探しに来たのですが、情報に乏しくレポートが進みませんので、最寄の山城を再訪してアップしておきます。
画像

R372号(デカンショ街道)の此処・女畷を北に、東には遮るものなく八上城を望む独立丘陵・四季山は山裾に源義経が社・三木・神戸方面へ向った義経道の伝説が残る池がある。其の山頂に四季山城がありました。
画像

顕著な城の遺構は無く、浅く短い土橋付の堀切が一本有る他は 直ぐ上部に主郭部の低い段差の曲輪が有り、東北の尾根筋に平坦地が段々に続き、帯状というより半円形の小曲輪が斜面にブツブツと附随しているよう・・・防御性は充分とは云えないが。八上城の向城としてなら、網掛城や禄庄城に見るように、此処では半同心円状に輪郭が並ぶ。地元にも城跡として伝わっていない様なので向城の可能性を考えて見ますが、波多野氏の家老・平林第膳の城や居館が西1km付近に有り、持城:谷山城の支城だったのかも?知れません。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック