丹波の赤鬼の城[朝日城]  春日町

丹波:黒井城主荻野(赤井)直正は、赤井氏の本拠:後屋城主:赤井時家の次男で(幼名:才丸)、同族の荻野氏本拠の朝日城に、天文年間(1532~55)荻野18人衆と呼ばれた地侍の盟主とし、乞われて養子として入ります。
画像

朝日城主となった赤井(荻野)才丸が黒井城主の荻野秋清を殺して黒井城主となり、荻野悪右衛門を名乗り黒井城に本拠を移し、やがて奥丹波の氷上郡から京都丹波の一部をも領地に取り込む勢力をもち、天正3年には山名氏の但馬:竹田城をも占拠しています。
画像

此の山名氏からの救援を足掛かり織田信長が丹波攻略を急ぎます。天正3~7年のかけて織田信長の「丹波攻め」では部将:明智光秀軍を相手として、多紀郡(篠山市)八上城主波多野秀治との共同戦線「赤井の呼び込み戦法」により一度は明智軍を敗走させています。
画像

一躍全国に其の勇猛を轟かせた「丹波の赤鬼」赤井(荻野)悪右衛門直正と「丹波鬼」の丹波武士の城として黒井城は国史跡として知られますが、荻野氏の本拠城で直正を城主に迎えた朝日城は、その城遺構も城域の半分の山の斜面は土取りで削り取られて消滅茶臼山城とともに明智軍の黒井城攻めの陣城ともなった織豊系縄張りも、消えた曲輪や斜面に残っていたようですが・・(^^ゞ
画像

郷土に荻野氏・赤井氏の歴史遺産の貴重な灯が、また一つ消えたような気がします。城下の朝日集落内に居館跡も残るという。土塁の方形曲輪?とおもえるものは在るが、堀を伴う居館跡と思われるものは見つけ出せなかった。僅かの期間に周辺の状況が変わったものか?遺跡分布図でもあれば再度訪問してみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック