法光寺城砦群

多紀郡(篠山市)一帯を支配した波多野氏の本城:八上城は井上靖氏の「戦国無頼」、明智光秀の謀略により城主秀治兄弟を捕らえ安土へ護送したこと。丹波攻めで篭城する若き闘将:義弟の二階堂秀香・朝路池や乙女塚等の落城伝説・・・と話題も多くて良く知られています。
      法光寺第二砦(主郭をほぼ円状に帯曲輪が廻る)
画像

篠山城に次いで八上城・蕪丸(奥谷城)・法光寺城一帯が国指定史跡になっていますが、後の二つの城、とりわけ法光寺城を保存知の人も城跡へ足を延ばされた方は少ないよう様です。八上城・蕪丸とは谷を挟んだ西側の、南北に延びる尾根上にある其の法光寺城からは、西に小多田集落へ延びる尾根があり、三っつばかりの削平された砦が残ります。
      小多田集落の入口に起立する法光寺城第三砦
画像

法光寺城は波多野氏が築いた城ですが、八上城が三好長慶・八木城の内藤氏に攻め落とされた際の向城として、明智光秀の時にも付城として使用されているようで、これ等砦群も、其々の時代・其々の機能をもって見張り・通信・警護に当たっていたのでしょう?。
      法光寺第一砦/西尾根東部主部と北側の曲輪
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック