熊谷城と中田浦城 篠山市

篠山城の大手筋(本来は南に付けるところですが・・・・)を真北方に向うと県道77号線に出る。正面左手の鳳鳴高校学舎の背後に笛吹山(笛吹山城)、左手の田圃と民家横には「丹波の石舞台・・といわれた(^^ゞ 石くど古墳」 そして正面に低い藪の丘陵と其の奥に三角型の山容を見せるピークを乗せて連なる山稜が見えています。
画像

低い藪の岡は近付くと三方は田に囲まれていますが、四方急斜面で北側は黒岡川により遮断された要害を呈して、いかにも城館の構えです。城山と呼ばれてはいますが城遺構はないとして、いままでは城山背後の三角型ピークに残る城遺構を熊谷城のものと思っていたのですが。。。其の位置が中田浦城であり、城山が熊谷城だと遺跡分布地図で知り再訪してみました。
画像

下草で覆われた雑木藪の中で、素人の遺構確認など当てにもできませんが、段差の低い小曲輪・不整地ながら尾根筋南先端部や、其の西面に3段程の曲輪・帯曲輪らしい平坦地がある。殆ど形骸を残さないが堀切らしい窪地が尾根東端から西側斜面へ延びている。平坦地が尾根上を北の先端部へ続く。中田浦城を詰め城とした居館(根小屋)のイメージは薄っすらと感じますが、どうなのかな?・・・・(^^ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック