高座神社の狛犬  丹波市青垣町

神社の本殿前に対で守護獣神の狛犬が建つ。あたりまえの!!?・・・風景ですが しかしオヤ・・・・
不図立ち止まり 其の特異な・・異様ともユーモラスとも・・・・不思議な迫力さえ感じ しばし足を止め魅入ります。
画像

丹波市青垣町の高座(たかくら)神社は「蟻の宮」とも「蚕の宮」とも別名を持ち 蟻に清水の池を教えてもらった伝承があり、“蟻の宮”と“蚕の宮”の石碑からは、養蚕と土木工事をこの地に広めた阿利氏(秦氏と婚姻を結んでその技術を伝授される)を称え奉った阿利氏=蟻の伝説になったのではと思いますが、「丹波のむかしばなし」(丹波の森協会発行)に紹介されています。
画像

此処に生まれ・夫君との死別で故郷に戻った俳人:細見綾子の句碑の事・・・階段の踏み石等に残る盃状穴の事 勿論「蟻の宮」のむかしばなし等・・触れていきたいのですが 関心をもってのアクセス数には期待できそうに無いので【正式には 「獅子・狛犬」と呼ぶそうですが・・・】少し話しを戻します。
              丹波佐吉の狛犬【柏原八幡神社】
画像

日本一の称号をもらった名工:丹波佐吉の弟子:綿貫重吉の名が刻まれています。・・・が寄進・奉納者ではなく 作者名に「xx之作」の文字が目立ち過ぎ 大正時代 綿貫氏の弟子であった森田氏(森田石材店初代・山南町)の作品では?とも思った。いずれの作品ではあっても・天邪鬼と思える像が押さえつけられていつ様子ではなく・無邪気にはしゃぐ子供の様にも見える。 種々神社の狛犬の姿態・表現に一様のものは少なく 守護獣神が狛犬だけではなく角のある一角獣・猪・etc 専門知識は無くとも神社フアンには狛犬フアンも多いだろうとは想像もつく。 
              篠山市最古の狛犬【大賣神社】 
 
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック