摂丹境の山 三田

篠山市側からは篠山城の真南・女畷の碑を見て「野中」を抜け、デカンショ街道(R372)を横断して「小枕」の谷間に古墳群を見ながら、県道49号線を走る。谷間の細い山裾の道は段々傾斜も急な九十九折れの山道になる。少し開けた急カーブの角に美濃坂峠の東屋休憩所がある。登ってきた篠山盆地が峡谷の下方に拡がるが、展望は期待薄です。しかし関東の日本画家:小川芋銭(うせん)によって一躍知られるところとなった「丹波の霧海」は此処から描かれたものという?。
画像

車道を少し進むと三田市との境界となり尾根筋を越える。三国公園「ふきのとう休憩所」で三国ヶ岳への登山口。近畿自然歩道整備で美濃坂峠等の説明板が立ち、付近の丘陵斜面には「母子茶」で知られる茶畑が拡がり、南方に母子地区を望むが北方の篠山側は・どう背伸びして・飛びあがっても望める術はないのですが、三国ヶ岳とは反対に車道西側の尾根筋?に出れば雑木と藪のピークからなら、シーズンに期待の「朝霧」が望めるのかも知れませんが、境界尾根を辿るには踏み跡も途絶えがち、地形も読図による判断と共に至難の道ですネ。
画像

以前(2000年)にも此処から愛宕山・中尾の峰を目指し、ゴルフ場建設用地か何かで途中で挫折した事がある。三国ヶ岳と併せて太平三山と呼ばれるように、愛宕・中尾の峰は太平山龍蔵寺からが無難なのかも!!。近畿自然歩道では「丹波朝霧のみち」として尾根縦走を外して三国ヶ岳~愛宕山~龍蔵寺コースが整備されているようです。お蔭で道標・登山道は整備され、当時は藪で展望もままならなかった三国ヶ岳山頂は切り開かれ、景観図まで設置され摂津・丹波の国境に立ち、両国の山々の景観・篠山盆地の眺望が楽しめます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック