田井縄古墳 丹波

以前に高座神社に寄った。この神社の別名「蟻の宮」の伝承に残る、東芦田から田井縄にかけて拡がる田園地帯には田井縄の名からも、田井【川の水を堰き止めたり、貯水池からの水を引き込んで、農業用水とするため】縄を張って疎水の土木工事を進め指導したと思われる阿利氏の伝説が重なります。
画像

高座神社から吼子尾(くずお)山の南山麓に沿って進むと、xx工場の先・芦田保育所の東北端に延びる農道から鹿猪避けフエンスのゲートを開閉して、 フエンス沿いに進むと、フエンスの外側に、封土は無く天井石2枚が露出している小さな田井縄古墳を見ます。
画像

径6.2m・高さ1.1m・西に開口した円墳の玄室部(約2.5m程)の天井石・側壁の石材が残存するようです。石室内部は殆ど埋まり、開口部分の岩との隙間は20cmもない。単独で存在する一基だけの・とりたてて紹介する程の古墳でもないのですが・・・・寄り道ついでです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック