頼尊又四郎稲荷 篠山市

篠山藩主12代:青山忠裕が江戸両国での将軍上覧相撲で、他藩に比べて、田舎の草相撲力士では歯もたたず、成績悪く、いつもは真っ先に負け続け不機嫌だった藩主も、此の年:文政3年(1820)の場所は違っていた。全員勝続けて負け嫌いの藩主は上機嫌だった・・・・・「丹波篠山の負け嫌い稲荷」の伝承です。
画像

此れ等の力士の中に頼尊又四郎がいる。力士は全て丹波の稲荷社の守神の名ですが、頼尊又四郎稲荷神社は少し他と違う・・・・!!? 篠山藩主4代目(形原)松平康信の甥に又四郎がいたが、藩主の威を笠に着ての奔放無頼、。周囲の者の忠告も藩主:康信により直接意見をしても改まらず、不憫ながら止む無し・・・・と、家臣達に命じて暗殺させました。其の場所が血寄せ地蔵の祀られるところ。其の後:町民達により祀られたのが篠山城からも近い東新町 黒岡川の川傍に乙姫龍王社と並んで祀られていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック