丹波与作 篠山

篠山を代表する・・・というより盆踊り唄として、全国的に知られるデカンショ節は二つ有るといいます。一つは民謡として流行のデカンショ節(篠山節)であり、もう一つが・篠山藩士」後藤又次の子孫が作ったとされる後藤節(篠山節)で、「♪丹波与作は馬追いなれど、 今じゃお江戸で二本差し・・・♪」馬追いの丹波与作が文武両道に秀でて、江戸で武士になった出世物語を主題とした歌です。
画像

篠山から柏原・福知山へと旧山陰道を往来していた馬方が歌っていた歌詞だけが残されていたが、作曲され関西では数少ない「丹波馬方節」が有り、此処にも馬子の丹波与作が歌われます。其の後:丹波与作は「鈴鹿馬子唄」のなかに歌われる様になり、題材に脚色された近松門左衛門の「丹波与作待夜小室節」の伊達与作で知られるところとなります。さらには「恋女房染分手綱」に改作され、田舎百姓から武士になった与作は、どんどん脚色されて、一人歩きが初めると、先に侍であったが落ちぶれて馬方となり、鈴鹿:関宿の遊女小万と馴染みとなり「道ゆき」ものとして、しかも当時としては珍しく登場人物が全てハッピーエンドで完結する物語へと・・・。地元ではなく他所から流行りだして人気を得たデカンショ節とも似てきた・・・・・。

登場人物の丹波与作誕生の地が篠山城の北方役。3km程の熊谷交差点傍ありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック