片山古墳群北支群

自分の手元 足下に有るものが目に入らないように 直ぐ近くに在るのに気付かない事がよくありますね。
日差しと暑さを避けて 陽が落ちてから日課のウオーキングに付き合って 何時ものコースを変えて、石龕寺(丹波市もみじ三山)に向かって山際を通るバイパス道を歩いてみた。
画像

観光シーズンでも此の時間帯になれば、殆ど車の往来はなくなるので 緩い上り下りと大きく蛇行するコースは、車道歩きですが快適で 相方はスッカリお気に入りで 一人でも此のコースを歩くようになりました。このバイパス道の峠の頂部 横穴式石室の開口部を車道に面して開く古墳が一基あり、調べてみると旧氷上郡の調査報告書に岩屋片山古墳群として未調査ながら2基確認されている。県立考古博物館の行政地区マップには片山古墳群北支群として2基(コメント欄は空白)の所在が記されている。
画像

後日確認に出かけてみる。丘陵裾の車道傍が2号墳・その少し奥に天井石二枚が露出している1号墳があり、さらに其の間にも石材の抜かれた古墳1基?があった。古墳前を南方に下ると知的障害者更生施設「みつみ学苑」があり、この裏山一帯には片山古墳群南支群として6基程が点在しているようですが未訪。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック