篠山城 寸景

篠山城 お濠端周辺に咲く 彼岸花の毒々しい程の紅い色も、もそろそろ疲れて色褪せ 精彩を欠いてきています。篠山城を訪れる観光客も、西側の内掘沿いに散策する姿を見ることは余り無い。石垣の城としての中郭部と大書院だけで、外堀沿いに城を囲む大土塁や三方に残る「馬出し」遺構にまで眼を向ける人も少ない。
画像

本郭部の天守台下へ延びる北側から東面の内掘沿いの犬走りは、石積・濠・櫓台の復元工事中もあって入っていけないが【以前と違って今後も傍へも寄れないかも?】、此の主郭西面の犬走り に歩を進める人もさらに少ない。
画像

濠の水面(みずも)に紅い影を映す彼岸花 
画像

傷んできた石垣には雑草が蔓延り(はびこり)400年の古城の疲れを 曝け出しています。
鉄壁堅固さを見せる大手門も その裏面では石積の石が割れ・剥がれ・崩れが目立ってきているようです。篠山城400年祭は城の歴史と遺構が残っていて成り立つもの・・・・!! 壮大な計画・年月と費用をかけて 篠山城跡全体の復元工事が 外堀内部の一部表面縄張り復元:芝生庭園であっても それ以上を望めないかも知れませんが、現遺構の修復・復元を併せ進めて欲しいものです。砂のピラミッドや、賽の河原で石を積む 虚しさの不安を不図感じただけなのですが・・ 
画像

篠山市内に残る数多くの中世山城が石垣も・目立つ高土塁も無く、空掘り・堀切遺構も埋もれ目立たず、其の存在さえ忘れ去られようとしている様ですが、400年祭を期に篠山城の縄張り:旧状忠実復元と並行に現状の遺構修復や、中世八上城関連の波多野氏配下の城砦群・其の向城・・・・城に限らず ふるさとの貴重な文化財遺産全般に 関心と理解を持っていただければと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック