キツネ塚古墳群

キツネ塚古墳と名付けられる古墳は結構多いようですが・・・・? 県の「埋蔵文化財保護の手引き」の行政地区マップにも、探したが記載漏れらしい古墳が、小野市東部のランドマーク「ひまわりの塔」の建つ R175号傍「ひまわりの丘公園」の中にキツネ塚古墳群は在った。
画像

直径11m程・二つ並んだ双子塚は高さ1mばかり 保育園児や 付き添いのお母さん達で賑わう わんぱく広場の直ぐ近くに有るが ナンだろうと・・・側に寄っていく人とて 殆ど無さそうな一角に この古墳は在った。低い円形のマウンドが残されるだけで、石室や石積加工の埋葬施設でも有れば まだ興味をもって近づく人もいるのでしょうが・・・・・・、
画像

6~7世紀:古墳時代後期の築造で、副葬品として須恵器の高坏(たかつき)・坏蓋・堤瓶・ハソウ【瓦に泉と書くが漢字変換出来ない!!  壺形の須恵器で胴部に小さな孔のあいたものをハソウと呼ばれ、小孔に竹等の管を差し込んで、液体を注ぐ為に使用されたものと考えられているようです】等が出土しています。(現地説明板を参照)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック