鴨内古墳2号墳

R175号線(水分れ街道)とR176号線(丹波の森街道)が合流する丹波市街地の稲継交差点から北上する県道7号(丹波の森街道・青垣柏原線)を和田山方面に向かうと、沼地区で県道7号線に先端を落とす尾根先のピークには沼城が、尾根の北山裾(青垣町側)には丹波市では珍しい平城の栗栖野城があり、今では其の山腹をトンネルで抜けて和田山・豊岡自動車道が通じています。
画像

丘陵末端を廻り込んで青垣町に入る7号線の手前で県道109号が東芦田地区を抜け、穴裏峠を越えて福知山市に向かいます。此処は芦田氏の本拠:東芦田城がありました。此れから向う山間の小さな地区内に遺跡分布図を調べてみても5っばかりの古墳の存在が示されているだけです。しかし此処:氷上町鴨内から鴨内峠を越えれば、市島町の鴨坂に出る。此処にも4つばかりの城砦群がある。位置を書き示す地図もなくWeb地図から Mapion等の簡易Web地図をプリントし、およその位置を記して出掛けた古墳探しで、山城遺構を見つけた。・・・・これはまた後ほどに紹介しますネ・・・・ 
画像

鴨内地区に入って直ぐ車道から見える田圃の中の畦途中に雑草が繁り、露出した石材が見える鴨内古墳2号墳が在る。余りに小さく今は、この田の細いコンクリートの畦道の一部の様だ。此処には以前お宮さんが在り、宮社の祭礼太鼓蔵も有ったと言う。神社は今は少し上手・・・!!高岩寺付近に鳥居が見えたので、此処に神社が遷移されたのかも? 横穴式石室の羨道部か・玄室部のものか、素人目にはどの部分の部材か判らないが、結構大きな石材の一部だけが残されていた。高岩寺には下隠谷古墳があり、此処は石室が残存していたので次に紹介します・・・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック