井上古墳!?と大山古墳!? 丹波市

丹波市の春日町は江戸時代:第三代将軍徳川家光の乳母「春日局」が生まれた里として知られます。其の父:斉藤利三は明智光秀の重臣で、丹波を平定後:1万石で黒井城主となり氷上郡を統治します。其の氷上郡を統治した一代前の領主が黒井城主赤井直正で、光秀の「丹波攻略」に対する勇猛な抵抗はよく知られます。
画像

直正は丹波の赤鬼として、その配下の武士は丹波鬼として怖れられたといいます。本拠城の黒井城の直ぐ近く(約3km程?)にその支城砦群の一つ・山田城がありました。主郭からは黒井城を正面に望む位置にあり、黒井城の向城になった可能性も考えられ、再訪しましたのでレポート追加は後程に。
画像

山田城の南麓に山田井上古墳山田大山古墳が有る。墳丘・石室を確認出来ない(横穴式等の石室を持つ古墳とは限らない・・)が、天井石らしい石材等の露岩が目立つ。井上古墳?は岩の上に宝筐印塔が祀られていた。基壇や相輪が欠落した状態ですが、隅飾の形状からは中世・山田城主:山田庄八郎が此の付近の城砦を守備していた頃のものか? 薄暗い周辺を歩いて見たが、他に古墳らしい?、横穴式とは限らないが墳丘や露出した石材を見ない。削平された広い三段ばかりの平坦地は武家屋敷跡か?。寺・墓地跡とは思えず其の一番下段の西方最奥に在り、詣る人も途絶えた宝筐印塔に・付近に五輪塔も何もない・・旧城主との関連が深いものの様に感じた。大山古墳?も天井石や側壁らしい石を見るが小石群が目立ち、古墳なのか経塚なのかも不明?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック