晩秋の岩尾城②  城下町

一般登山でも山城への訪城でも同じですが、其の出発地点・目的地までの行程・下山途中で目にする数々の物・音・色・容にも感動を覚えるものですね。
      登山口・和田小学校裏山の紅葉
画像

ことに中世山城【ことわりの無い限り山城は中世のもの、近世:藩政時代に入っては、廃城となった山城が使用された例は有っても、築かれた山城は無い筈・平地の築城さえ厳しい制限が有った筈!!】は在地国人や土豪が拠った城が多く、要衝監視の街道筋や、彼らが崇敬した神社・菩提寺等を中心に、城下町の雛型等・・・その景観・風情が感じられるものですネ。
     武家屋敷群跡付近の城通山妙閑寺から岩尾城を望む
画像

岩尾城の大手道入口には古城主:和田日向守の菩提寺が在ったが、明智の丹波攻めに焼失、新城を築城した木戸十乗坊(前田玄以の武将で佐野下総守栄有)の弟が再興した親縁寺・その山門は岩尾城唯一の遺構として残っていたのだが・・・!!?
画像

武家屋敷群が立ち並んでいた親縁寺東側の岩尾城を望む谷麓には、いかにも此処から城山へ・・と思える城通山妙閑寺が建つ。
画像

その少し東南には近世:鶴牧藩陣屋跡がある。柏原織田藩の廃絶で天領となったが、其の後:氷上郡内の所領は、亀山藩(亀岡市)領を初め、細分化され、和田村(山南町)には氷上・天田・船井郡に7000石を領した水野周防守が領有して統治しています。
画像

その東北方には延喜式内社:狭宮神社が在り、岩尾城主佐野下総守から鶴牧藩主へと替わっても代々世襲されてきた丹波猿楽の能面は、山南町指定文化財として小尉面・一面が残りますが、面掛神事能が復活してあでやかに行われています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック