御油城 丹波

ひょうごの城紀行(神戸新聞総合出版センタ)の城郭一覧に、御油城の名があり今村信保の居城していたという。勿論「丹波志」にも”賀茂の社の地続きにあり・・・・・と。
画像

濠ノ前・濠ノ上・堂ノ本・堂ノ前の字名が 加古川(佐治川)沿いに在り、其処から西の山裾には堂ノ谷・屋敷山の字名がみえます。鎌倉幕府の検察司をしていた今村平太夫が目を患って信仰していた薬師堂に籠もり祈願して治ったことから、”お薬師さん”を御守りする薬師庵(今村庵)を建てたといわれ、神野神社斜向かいの広い台地の一画に薬師堂が建つ。
画像

地元誌「御油xx・?」には城の有った事は否定されている様ですが、所在地は不明ながら荘園管理の代官所が在ったものと思えます。”賀茂の社の地続きにあり・・”賀茂の社とは現在神野神社(旧賀茂大明神)の建つ地、神野神社は平安時代初め:寛平年間(889-898)現在:円通寺(丹波紅葉三山の一)の地から遷されており、時代的にも現在の薬師堂が居館?跡であっても、大きくはズレていないと思われます。
「これが城?」「城があった記録も、聴き取り調査的な丹波志では誤りも多い?」「まして地元で否定されている城!!」いろんな声が聞こえてきそうなので、円通寺近くの丘陵上の砦風の稲荷社跡地・・・三角点峰の9本程の短いが等間隔に並行に並んだ竪堀(畝状竪堀)も、山仕事用とは思えず、城遺構と考えるには周辺に城砦遺構もないので、慎重な調査が必要なのかも・・・知れません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック