小坂城と篠山城築城の残石

小坂城の位置については、二日間のブログで紹介している明月神社と東山古墳(四王寺古墳群?)を参照してください。明月神社から佐仲ダムへ向う車道の直ぐ先の公園広場の西側か、東山古墳から其のまま尾根沿いに比高50m程で小坂城の曲輪の南端に入ります。
画像

小さな城郭で2段程の小曲輪を越えると、尾根中央部を細長い曲輪が北に延び、最高所には狭過ぎるが方形の曲輪が在り、櫓台跡かとも思えます。ならば其の南側の露岩が目立つ(此処も)狭く不整地な曲輪が主郭なのか?。此の露岩・よく見ると岩に矢穴が残る。城域内のアチコチには曲輪内に矢穴や、其処から二つに割られた割石が数多く点在しています。中には刻印が有るので篠山城築城時の残石なのでしょう。
画像

細長い尾根筋の不整地?な郭主要部の左右に帯曲輪が、城域北に2本ばかりの竪堀と鞍部に堀切がありますが、南端曲輪側からは5~6本?の竪堀が畝状に三方向に落ちています。丹波に畝状竪堀を残す城は少ないが、西紀町内には近場に山名氏の板井城(此の城に複数竪堀も無いが但馬山名氏の城なら・・!!)、其の東約1.5km程には西谷城があり主郭北三方に、畝状竪堀が扇状に掘りこまれている。主郭が判然としないのは、篠山城築城の石材採取により曲輪遺構の表面が変形したものなのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック