国松館と矢代城

県道97号 (丹南・三和線)宮田交差点で、篠山市街地へと、東へ県道140号線に入って約1.5km。「ユニトピアささやま」の案内看板が立つ三叉路側に迫り出した、比高2~30m程の独立低丘陵に大野城があり、先に城山オフでの立寄りで紹介済ですが、「ユニトピアささやま」への車道直ぐ・池を挟んで北方に、東西に突き出してきた丘陵が数軒の民家を囲い込んでいます。
画像


この丘陵に囲まれた宅地部が矢代城城主:国松氏の居館跡とされ、西側車道側の丘陵南端頂部を郭に、切岸高い曲輪が数段残る西砦跡。国松館の背後から東の尾根に向かっても堀切道を辿り、浅い空掘りと土橋で形ばかりで?城域を区分している東砦跡があり、更にその西砦の稲荷社跡から、または東砦からの尾根筋を詰め上がると、矢代城西尾根の西端部の出曲輪!!大堀切に出る。
画像

主郭へ延びる西尾根は、細い尾根上に数多くの小曲輪を隙間も無いほどに並べ、短い溝(竪堀!)状を見かける。傾斜を強め・尾根筋も少し広くなると切岸加工の曲輪・帯曲輪・ことに主郭部の東西曲輪の中程から南側の竪堀は大きい。其の南側尾根も最初3段ほどの段曲輪下の堀切からは、極細い尾根沿いに左右の曲輪が尾根上に重なりながら、何段かが続く?。尾根状は土塁道の様で、曲輪!!が有るのか?無いのか良く確認出来ない特異な縄張りの様です。
画像

主郭部からの東尾根側は3段程の高低差のある曲輪を連ね、南北に数本3~4本の畝状竪堀が有る。盃山城へと続く尾根筋の鞍部に堀切は無いが尾根は土橋状となる。土橋南側に竪堀があり鞍部からの下降道との間は竪土塁の様? 深く急な谷との合流地点上部には、通路を挟んで左右から袋小路の様に、土塁が包み込んでS字状の形態となり細い出口を造り出し、虎口を整形している様ですが・・・・?如何なのかなア!!
主郭からの南尾根も・唯一?の谷筋ルートの東尾根からの道も麓では屋敷跡らしい、広い削平地・井戸・横掘状の遺構らしいものを見かけます。深く詮索する程に・資料不足もあり、稲土城のコメントとは違い、無責任さに恥じ入り、返事に困るのもどうかな・・・と思います。これ等の城の城史の変遷を加味しながら想像することは楽しいことですが・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック