長王城(長見城)

明智光秀軍の「丹波攻略」による氷上郡(現:丹波市)黒井城攻め より以前・丹波最大の激戦となった香良合戦に、若武者:才丸(後に丹波の赤鬼と怖れられた黒井城主・赤井直正)が負傷して引揚げたと思われる天王坂は、忠臣蔵で有名な赤穂城代:大石良雄の妻りくが但馬へ帰るとき越した但馬街道。其の要衝を挟んで西に野山砦(その才丸を城主とした城)、東に長王城(長見城)が在りました。
画像

才丸等の赤井・荻野一族が攻め込んでいたと思える油良・香良からは天王坂の他に、油良坂(牛河内峠)が有り、どちらの峠を越えて引揚げてきたにしても、朝日城(才丸を城主に向かえた荻野氏一族の城)が南1km程にあるのですが、緊急待避場所としては・是の長王城が一番近く・瀕死の才丸が担ぎ込まれ、手当て・療養したのは此処ではなかったかと思っています・・・?
画像

遺構の現状からも、小規模な城ですが、比高20m程ですが曲輪の削平状態や、堀切・空掘・土塁による周囲の防御施設も堅固に思えます。土塁を挟んで切岸も高い主曲輪側裾を空掘で廻し?、外側に堀切。一番の見所かも。見所と云えば季節は過ぎてしまったが、城域西側の山道を辿れば稲荷古墳があり古墳の天井石を抱くように立つヤマザクラの古木が、丹波市内最大とも云われ、春日町(丹波市は?)の天然記念物には指定されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック