大上東平城 篠山市

「丹波攻略」に際し八上城の波多野氏を攻める明智光秀は、籠城する八上軍に対し、周辺に多くの向城を築きます。篠山川を挟んだ北方には、宮山砦・鉄砲山砦般若寺城を本陣として・勝山砦・塚ノ山砦・野間砦・本陣の後方には縄張りの特異性から良く知られる大上西ノ山城等々が横並びに築かれます。
             大上東平城北郭:堀切側帯曲輪の切岸と北郭主曲輪
画像

般若寺城からは峰続きに半独立低丘陵が、大上と倉谷の集落を分けて北に延び、其の北西部に隣接して大上西ノ山城が有り、其の北方に武路城が有り、大上西ノ山城の西300m程には土塁と濠を廻す中世居館遺構を残す土居の内があります。一帯に八百里城を本拠の畑氏の支城群が有ったと推察され、大上東平城も畑氏一族の持城だったと思えますが、丘陵尾根の北~南までの粗全域(約750m)に曲輪を並べ、本城の八百里城にも匹敵する長大な城域に、城史を語る城主等が不明です。
   大上東平城南郭:主郭北の虎口状遺構?(折れを伴い・一枚岩を削り通路としているように見える!!?)
画像

しかも南北の峰に一城別郭かとも思える城遺構!!。中央部に不自然な程の大規模で長い堀切が有る。堀切を境に北郭は畑氏の旧城、南郭は緩斜面に広い平坦地形を並べ、明智軍の般若寺城と大上西ノ山城の間に隣接している・八百里城の落城後に向城として、防備設備の堀切・土塁も無く、位置的にも二つの主要な向城に隣接しており、大部隊の駐屯域ではなかったかとも思え・・・!!??? また隔離・監視等?他にも用途はありそうですが・・  これ等の事は素人判断では危険!! 歴史・専門家の領域、調査研究結果を期待したいところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山城甚伍
2009年09月20日 12:51
天々さんこんにちは。

過ごしやすい季節になってきました。
丹波は山城の宝庫!。
変わらず精力的に山城巡りをされている様子、何よりです。

こちらは、五月初めに美山町で山ダニに喰いつかれた金袋が、時折、痒くなります。

島城と中村城に登ったのですが、中村城での被害だろうと推測しています。
城はどちらも見応えがあったんですけどねぇ。
大変なおみやげを貰ってしまいました。

暑い夏は、天誅組関連史跡を巡っていたのですが、未だ、廻り切れていません。
十津川村があと少し、下北山村や川上村が手付かずの状態です。

近頃、山辺郡や大宇陀の山城に足を運ぶことが増えました。絵図が殆ど描けていないので、訪城ルポが停滞しています。

何とかしなくてはと考えているのですが、二十枚近くたまると億劫になってしまい、未整理の資料が山積みの状態です。

しかも、山城巡りに良い季節に入ったので、これから訪城機会も増えていくでしょうし・・。

2009年09月20日 22:17
甚伍さん 久しぶりですね 篠山オフでの出会いは無理だったようで残念です。城館主体のラクちんコースだったんですよ
なかなか遠征叶わず近場の「丹波攻め」がメインです。
積年の島城と中村城攻め ご苦労様・・例の攻撃は同じところを二度目では?なかったのかな!!中村城の放状の畝状竪堀 より明確で構える上方の土塁付き曲輪・・兵庫丹波にも長谷山城がありますので宜しければ案内しますよ。
宇陀の城は前々から柏原織田藩からみで 是非と思う山城や課題が多く 未だ実現が伴っていませんが いつか是非・・と思っていますので訪城レポート楽しみにしています。
訪城レポの停滞は 対象の山城自体:城主等城史不明・情報皆無状態で 同様に捗りませんね!!。知名度が低過ぎる山城に関心を持つ城フアンは異端児!! ・・訪城ブログ・HPのアクセス状態を見ても歴然ですが・・・ふるさと歴史再認識の一助になるのでは・・・と期待を込めてUPはしていきたいと思っています。
山城さん コメント有難うございました
 秋の夜長・・の商売繁盛 願ってます

この記事へのトラックバック