京都:嵐山城と蔵王神社城

嵯峨野・嵐山レポートの閉めは目的の嵐山城ですが、地方領主の山城とは異なり、天皇御在所・足利の室町幕府が開かれ管領・各国の守護が詰める京の都です。足利将軍の中枢に此の領地の支配権を持つ領主がいるはずも無く?、築城に許可を与えたのは足利将軍なのか?・・・・築城目的は?・・・要衝監視?。
画像

素人の一般尺度では考え及ばないが、たしかに山城が存在し、更に嵐山城からの尾根先には出曲輪・砦と思える蔵王神社城。推察ですが此の蔵王神社城とは谷を挟んで東の丘陵末端部が岩田山「嵐山モンキーパーク」で、市街地の眺望・清滝から高雄を抜ける清滝街道・さらに周山街道、保津峡から水尾を経て美山や亀岡への街道監視なら、蔵王神社城より条件は良さそうです。且つ嵐山城への前衛ともなり、同等規模の砦があったとおもわれます。
画像

嵐山城は京都市内の城砦の魁か!!。将軍の権威が衰退し始めた証のようなものか?・・・明応6年(1497)山城半国の守護代:香西元長(通称:又六)の築城と伝えられ、守護:細川氏の家督争いには、丹波守護:澄之を擁した香西元長が、永正4年(1507)6月:主君の管領:細川政元を討ち政権を握るが、摂津守護:澄元に付いた細川高國らの攻撃を受け討死し、僅か40日余りで崩壊し政権に終止符が打たれます。
画像

元長の悪政・酷使に耐えていた西岡衆(京都西山・現在の向日市や長岡京市辺りの国人衆か?)が蜂起して嵐山城へ乱入し嵐山城は落城。留守兵を皆殺しにしたという。其の後嵐山城は、天文8年(1539)~同18年(1549)と細川晴元らが在城して、断続的に使用された事が記録により推定されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

渡辺頼綱
2009年11月04日 00:24
ご無沙汰しております。丹波の渡辺頼綱です。蔵王神社城ですが、京大人文科学研究所調査報告書では、砦と記載されています。当時の橋(渡月橋)は、現在の場所から300m上流にかけられていたそうです。この地点が保津川が一番狭いところで、その上に砦が作られいたとのことです。ちなみに、この橋(法輪寺橋=渡月橋)付近で合戦があったことが記載されています(野田泰忠軍忠事)。
2009年11月04日 09:09
渡辺様コメントありがとうございます
嵐山の城めぐで渡辺様姓! 先祖は嵯峨源氏に繋がるのでしょうかネ・・・!!?
蔵王神社城は城域や位置からみても城とは呼べない砦クラス。それも曲輪さえ自然地形の平坦地かと!!?遺構さえ定かに確認出来ない状態のうえ、画像処理に失敗し復旧さえ出来ず残念です。渡月橋(法輪寺橋)の当時の位置がわかると磐田山ではなく・橋を真上から望める、やはり此処に橋を落とした後の渡舟攻撃も意識した監視に適所の様ですね。摂津・京西山地域の西岡衆に限らず、嵐山城攻撃にまで至った積年の経緯はよく判りますね。物集女街道と物集女城や茨木の城にも興味が 応仁の乱頃の城は以後も改修・使用されていないと蔵王神社城同等の判り難く、未発見の城西が、まだまだ何処かに眠っているのでしょうね。陣城・向城も同様に・・
まよいのすけ
2009年11月13日 22:47
大変ご無沙汰しております(^^ゞ

嵐山城には二回ほど行った事がありますが、
隣接する蔵王神社城の存在は、知りませんでした。

今度、嵐山城に行く機会があれば行ってみたいです。

なんといっても、
三好之長と細川京兆家の家督争いの渦中で激しく争った、香西元長の城ですしね(^^)
2009年11月14日 20:58
まよいさん 久しぶり10ヶ月ぶりですね。身体の調子は順調ですか?。ハード訪城か可能ですか!!?
丹波の多紀:波多野VS三好 氷上の赤井BS に魁・細川氏家督争いの香西VS三好氏も まよいさんには捨て置く訳にはいかない重要なポイントの嵐山城ですものね
スンナリ登城と遺構は確認出来ましたか? 蔵王神社城は京都市文化財分布マップで見つけましたが備考欄には簡単に・削平?数段の平坦地が確認されているだけの様で、築城や嵐山城との関連等内容一切不明です。嵐山城南曲輪の竪堀(畝状竪堀らしいが!!)を右方に見て、尾根沿いに踏み跡を辿って下れば、下草・雑木が消え荒れて山肌の露岩・砂地と尾根先が推定地。只此処から先の降りは踏み跡が消えれば危険な崖状?も有り、蔵王神社や大堰川(保津川)へ降りられなければ引き返して下さい。京都市内にも大文字山城(如意岳城)・中尾城・将軍山城(北白川城)http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/KYOTO-daimonji-hieizan-siro-docu.htm等が 摂津・高槻にはYORIさん達と行かれた芥川城・芥川山城http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/OSAKAtakatuki-siro-docu.htm 守護代:三好長慶関連の訪城に 漏れは無いでしょうが・・・ネ KAIさん・猫さん達にも宜しく
まよいのすけ
2009年11月15日 23:07
>ハード訪城か可能ですか!!?

また是非お願いします!
体が付いていかず、足手まといになる可能性大ですが(^^;

>スンナリ登城と遺構は確認出来ましたか?

初めて嵐山城に行った時には登城口を見つけることが出来ず、
適当に登り始めて、かなり迷いました(^^;

迷った挙句に、モンキーセンター近くにも行ったような…

蔵王神社城は、さらに難所にあるようですね。

嵐山城南曲輪の竪堀は、たしかに畝状竪堀でした。
三年ほど前に行った時、口さんと猫さんがその畝掘に突撃してましたから(^^)
山城甚伍
2010年01月06日 11:45
天々さん、まよいのすけさん
本年もよろしくお願い申し上げます。

嵐山城は随分前に、口さんの訪城記に触発?されて、下の娘と一緒に訪城しました。

法輪寺に駐車して登ったのですが、途中、道を間違えて、獣道のような場所を通って尾根筋に出ました。しかし、一応、山道はあったんですね。それにしても、あの道標は不親切だったなぁ。

このところ、河内長野市域の山城を訪ねています。遺跡地図だけの情報なので手探り状態です。

滝畑ダム湖東山上の権現城や、観心寺西の山上にある三昧城などですが、それなりに楽しめました。

本年の初山城は、サイクルスポーツセンター背後の山並みにあると云う、国見城(小滝城)を目指して、南の塩振峠から北上しました。

尾根筋を何度か脱線しながら、途中、何ヶ所か「これは山城遺構では無いだろうか」と感じられる場所がありました。
山道の切り通し道が横堀に見えてしまうんですよね(笑)。

しかし、尾根筋ピークから降る削平段を挟んで東西に横堀状の遺構があるので、単なる山道では無いとも感じたのですが・・

楠木の城とは思いませんが、室町・畠山家の内訌では、この辺りも戦場になっています。
また、天正年間には、和泉の勢力や紀州の根来衆などが河内に侵攻しているので、「あの堀は鉄砲塹壕か」と想像を逞しくした次第でした。

結局、国見城を特定できないまま、日暮れ前にサイクルスポーツセンターの敷地内に降り立ち、駐車地点まで歩き着いたのが、辺りも暗い六時前。完全に失敗でした。

2010年01月06日 20:24
山城甚伍さん こちらこそ よろしくお願いいたします。大阪エリアの遺跡地図を見られないので? エアリアマップ等山地図で・・探索の大ヒットは 烏帽子形城くらい・・!!
猿子城 旗尾塞他の塞跡はよくわからないまま。あらためて立地や歴史的背景から見直しですね。
甚伍さん 頑張ってますね・・サイクルセンターまで行くまでもなく、入口の天野山で地元:天野酒でも買って・・・和泉市か富田林に向うかも・・?
京都・丹波町の須知城は行かれていますね。
近場では 上野城の館城も見逃せない遺構ですが この上野城の直ぐ背山にある上野砦については 殆ど知れていないようですが、いまアップ準備中です。判り易く 簡単に行けますので後ほど 参考にしてください。

この記事へのトラックバック