塩谷十三仏種子板碑群  神崎郡

余り利用することも無い県道34号線で多可郡側から、舟坂越えで神崎郡市川町へ下る。姫路方面からの播磨富士:笠形山への登山口・笠形神社へは、舟坂トンネルを越えた塩谷から入る。笠形温泉があり、更に下ってリフレッシュパーク市川からの登山コースも有るようですが、此処からは未登。
画像

山中を走りトンネルを抜け出た途端の塩谷は石積みの棚田が先ず目に飛び込んでくるが岡部川沿いに下る谷間は明るい。岡部川左岸に幾重にか段上帯曲輪を廻す台形丘陵部が見えてくる。「県指定文化財 塩谷十三仏種子板碑群」の案内標識もすぐ目に入ってきます。
画像

いままでは素通りしていた岡部川沿いに牛尾~瀬加へと瀬加谷の城館巡りが目的ですが、此処塩谷に構居を探したが、集落内に鳥居屋敷(塩谷構の所在手懸かり)の字名!!?を知る人もいない・・・。で途中下車ついでの立寄った次第。種子(梵字)はともかく板碑は播磨では其れほど珍しいものでもないのですが・・・詳細は例によって後日丹波霧の里HPにて・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック