クリスマス・ピラミッド 尼崎市

「つかしん」・・!! 20数年前・阪神間に住んでいて、この名を知らない人はいただろうか?。伊丹市と尼崎市境に在って、尼崎市郊外の住宅地 ・グンゼ塚口の工場跡地に昭和60年(1985)オープンした大型商業施設は、首都圏:西武百貨店を中核にして、レストラン街・映画館・大型ショッピングセンターで構成されていました。
画像

敷地内には川が流れ、斜行エレベータも珍しく、其のスケールに当初は驚き・感動しきりで、何度かは足を運んだものでした。・・・がいつか足も遠退き、西武百貨店も撤退・・・此の市境に懐かしい「つかしん」 の文字を見て新生つかしん「グンゼタウンセンター つかしん」<←記事はホームページの中程です>に寄って見た。かけ流しの天然温泉あり、川を挟んで建つ町並みは・尼崎市と姉妹都市ドイツ・アウグスブルク市の町並みをモチーフにしたテーマパークの様。
画像

川の「ひがしまち」ロマンチック広場では、今日(11月14日 )設置されたばかり・・・旧東ドイツのエルツ地方、ザイフェン村の工房で作られた、18世紀頃から伝わるドイツの伝統的なクリスマスピラミッド(高さ10mの木のオブジェ)が登場していた。タワー最上部に廻るプロペラが何を意味するか知らないが、一般家庭用のミニチュアにも付いているんですね

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック