岩戸神社

県道34号(西脇八千代市川線)の舟坂峠(現在はトンネル)を西に出た塩谷に十三仏種子板碑(県文化財指定)を見て、岡部川沿いに下る上牛尾でも牛尾構を探しあぐねて、諦めそのまま北ノ谷?の地区道を、道なりに詰め上がると林道終点に岩戸神社がある。
画像

延宝2年(1674)姫路城主松平大和守が参拝に訪れ、その風致を賞賛したと伝えられ、神域は巨木・巨岩に囲まれ、社殿前左右の岩門や本殿側に衝立する高さ15m程の岩、神社名そのままに神話:天岩戸の一シーンを彷彿とさせるに相応しい神域に鎮座されています。
画像

現地説明板:本殿は寛保元年(1741)に建てられ本殿の彫刻は、丹波柏原の大工:中井家・中井一統による作品とされています。中井権次は大工職初代〜3代・4代目からは彫刻師として6代続くが、寛保元年(1741)の再建によるものなら4代目(彫刻師初代)権次君音(定忠)20歳代か?。社殿は幾度か建て替えられているようで、現在のものは寛政7年(1795)に改修されたといい、天保年間なら2代目丈五郎正忠によるものと思われます?。なを笠形神社にも中井一家の美術彫刻が残り本殿に中井丈五郎本忠(正忠?)と丈吉(3代目中井権次正貞)の彫刻が有り同時期の神社改築には、丹波柏原の名工の確かな腕と名声が三丹(丹波・但馬・中井家が丹波から移った丹後)の他播磨にも聞こえ活躍しています。同じ丹波柏原には難波金兵衛・丹波佐吉・二代目金兵衛等も江戸時代末に活躍し名作品と名を残している石匠です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2010年07月24日 19:37
はじめして、「まさ」と申します中井権次について凄い詳しいですね。もし良かったら、いろいろ、教えてください。よろしくお願いします。
2010年07月25日 21:17
まさ様 ブログへの訪問ありがとうございます
中井家は3代まで大工(法隆寺建築等にも関わる宮大工だったようで!!)彫刻師としての2代目中井丈五郎・最後の6代目喜一郎を除き 代々中井権次を名乗っています。3代目が権次橘正貞が比較的よく知られた存在かも?。丹波市柏原町の人で、私の里(隣町の山南町)にも大工で4代目:彫刻師初代:権次君音(定忠)の神社彫刻が残りますが、町の文化財資料には神社説明の中に神社彫刻や作者中井氏については触れられていません。中井権次の名:中井一家の作品は他所(但馬・播磨・綾部市や宮津市等)では神社や作品が文化財指定を受けているのを見ると複雑感慨xxxx一入です。
6代喜一郎氏の時(明治5年)柏原から宮津に移転されています。
篠山本郷の春日神社には4代目清次(正次?)の龍の彫刻が有り、地元:中井工務店の社長(引退されて会長かも?)から同姓でもあり、まささん同様に興味をもって寺社彫刻の中井氏作品に注目される事でしょう。⇒ブログのどこかに作品の紹介がされていたはずですが・・?
http://ikkyuuoyaji.blog104.fc2.com/blog-entry-289.html
春日神社の春日踊りと場所は⇒http://40437108.at.webry.info/200910/article_9.html

新井神社の木彫りの猿⇒http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/TANBAtakami-siro-docu.htm
氷上町 大護神社⇒http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/TANBAmoriyama-siro-docu.htm

この記事へのトラックバック