赤松氏館(下来住構居)

JR加古川線小野町駅【小野市の市街地には神戸電鉄・小野駅が在り、加古川を渡って小野町駅までは約1.5km】の西南約500m程・前谷川を渡ると、西の丘陵上に赤白鉄塔を乗せるNTT無線中継所が見える。山頂へ専用林道が通じる車道を直進すると無住?で、本堂と鐘楼だけの室生山常光寺が在り、地区道が丘陵裾沿いに南へ延びる。
              鍬谷温泉の「塩の井」
画像

南の県道に出ると白雲温泉・・の看板が眼に入り、鍬谷神社への参道口がある。此処には秘湯というか?隠れ湯というか?、嘗て鍬谷温泉があった名残か石碑が立ち、龍神や小野市の観光案内石標の立つ「塩の井」が有る。
      狐塚古墳(県の遺跡分布図に未だ載せて無さそう?
画像

丁度・常光寺と鍬谷温泉の中間付近の字平野の丘陵裾に赤松氏館(下来住構居)がある。播磨守護職:赤松氏一族の居館ともされるが、疑問の残る屋敷跡は現在も赤松姓の方が住んでおられます。来住本家(赤松来住家)と考察してみるのも…!!?
              赤松氏館(下来住構居)
画像

所有者は多くの古文書を所蔵されているが、其の多くは来住氏宛てのものといわれますが、此の地に来住氏以外に勢力をもったもの、その支城群等も発見されていないようです。JR小野町駅の案内絵図に竹谷構居(竹渓城)があったが県遺跡分布図にも記載が無く詳細は一切不明です。赤松氏との関連は嘉吉の乱までの旧赤松家臣団か、再興なった赤松氏にあって急激に一代勢力をもった別所氏との関わり、三木合戦後の来住氏についても不明のうえ、此の地に赤松氏一族が居た・・?とするとやはり疑問が多く残ります・・・・・????。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック