兵庫南部地震15年

阪神・淡路大震災から15年を迎えた今朝:1月17日。あの日と同じ寒い朝を迎え田舎での墓参を済ませて、今年も又 被災した西宮市の満池谷・震災記念公園へ犠牲者追悼碑の献花に行ってきた。
あの震災の記憶を教訓を風化させてはなりません 歴史の片隅に残す事もいけません。息子が小学低学年の頃カブスカウトに入団させ、夙川~甲山や仁川での訓練(遠足?)によく付いて行ったが、チーリンだったか団旗だったか?・手帳だったかに有った「備えよ 常に」の文字が印象に残る。
今日はあの日・あの時の経験・教訓を全国で、世界中で発生している地震・津波・風水・豪雪等に対して 常に防災意識を持ち続け・備え、風化させてはならないと、神戸市を初め芦屋・尼崎・伊丹でも此の日は辛さ・悲しさの中にあって、人の善意と繋がりに「ありがとう・・」を、改めて感じる日です。
画像

被害も犠牲も無く救援活動された近隣の市町でさえ、震災犠牲者追悼行事を続けられている中で、西宮市は・たった一度・此の日だけの催しに、訪れる震災犠牲者追悼の被災家族に対する慰霊碑への献花準備を打ち切って久しい。しかし西宮市職員労働組合員の募金・カンパ、市民からの浄財と、当日は職員のボランティアで、記帳所が設けられ、献花の白菊が用意されていました。
               今津・六角堂
画像

当初より自助努力を押し付け・県外疎開者に対し何の援助・通信連絡・対応もとられなかったのは西宮市だけでは無かったのかも知れませんが?、住所を知らせても復興ニュースが送られてきただけだったような!!。今後も起こり得る未曾有の天災・人災に対する心構えは、常に防災や対策を意識して備えることにあると思えます。10年・20年とスパンを区切って行う行事では無い筈です。もしそうであれば今年は15年という節目の年。市職員の善意と努力や、決して風化することの無い被災家族の思いについて、其の犠牲の代償にして得た筈の教訓。防災意識について・改めて西宮市当局が此の震災メモリアル(1・17)を期に震災を伝え・防災対策に取り組む決意の証としても、せめて市による献花の再開は望ましいと思えるのですが・・・・!!
           大型店舗に隣接してキッズランドが造設された
画像

震災被害と其の悲惨さでは・神戸市だけがクローズアップされる阪神大震災ですが、被災は宝塚・伊丹・西宮・芦屋・尼崎へと兵庫南部全域に及ぶ、兵庫南部地震であった事を再認識して欲しい・・・・。西宮市は其れを避け、最初の慰霊祭でも、多くの人が知っている筈に死傷者を過少報告していたような・・・。
被災地以外の諸処でも震災犠牲者に対する慰霊・供養がなされているなか、今年も西宮市では市による慰霊祭は行なわれていないよう?。市側の言う節目・節目で鎮魂の慰霊を行うとは次の20年目の事か?
1・17震災の行事を「防災の日」イベントに組み込んで見直す事もなく・・・永劫に廃止の意味なのか。
今年は変化もあって「労働組合と協力してメモリアルデーを迎えたい・・」また20周年には献花提供を検討するとか・・? 市長自身が病気療養等で辞職!!、さらに状態が良くなってきたと・また復職するとか・・?自分の立場に立ってみて 病気程度でも少し理解されかかっているのかも? 防災危機意識が鈍化していくようで、自然災害の恐怖や被災、身内・親戚・知人を失った体験を持たない人たちに、実感を伝え理解してもらうことは難しいものなのかも?
県外疎開から再び戻った西宮の今津から甲子園付近を歩いてみた。震災にも被害最小限!!崩壊を免れた今津の六角堂、住宅展示場だったか?・仮設住宅が立ち並んでいたか?覚えていないが、そんな災害を知る由も無い子ども建ちのテーマパークが在った。西東京に出来ていたと同じキッズランドが市施設なら・東京の経営の赤字!!?を追う事無く、うまく軌道に乗って欲しいものです。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック