ヌクモ城 福知

R9号線長田野工業団地から舞鶴自動車道の高架を抜け、府道8号線石原駅に下りてくる一つ手前:左手に府立工業高等学校と洞玄寺が並んで建つ台地がある。牡丹寺として知られる此の洞源寺境内が石原城(洞玄寺城)で、土塁と堀切を廻らせた居館の遺構が残り、近年・市史蹟に指定された大槻安芸守政治の隠居城と築城されたこと等は、先に訪城レポート済みです。
画像

この洞玄寺の東に送電線の走る低丘陵が望まれます。遷喬小学校グラウンド沿いの西方からは送電線巡視路沿いに、遷喬小学校の北側からは現在は急カーブの車道先・通行止めフエンスの先の宅地前道路沿いから、長く急な石段参道を登ったところに有る妙見宮(社殿は壊され廃社となっている)から、ミニ霊場巡礼コースがヌクモ山(大師山)に通じています。
画像

最初の送電線鉄塔に立つと由良川沿いに私市丸山古墳・栗城・位田城や甲ヶ岳城を望みます。直ぐ尾根続きに切岸を持つ曲輪・その先に広い主郭?の平坦地があり、尾根は下り気味に南西へ延びていきます。尾根を下りきった西麓の谷川を挟んで洞玄寺城(石原城)があり、石原上城(ヌクモ城)への大手道か搦め手か? 城遺構が明確なのは妙見宮上方の主郭付近だけ!!。しかし霊場廻りの参道として整地・改変が有るかもしれませんが、主郭の東下に帯曲輪が、さらに下方には土塁を挟んで二本の大堀切が有り、さらに尾根を下っていくと土橋付堀切も・・・自然地形か遺構なのか?素人判断なので、遺構調査報告書等の資料があれば拝見したいところです。此の後で向った大槻氏の城遺構からは、とても石原城と石原上城が同時期の築城とは思えず、古い時代の上城は廃されたか?、砦として続けて使用されていたものとも思えます!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック