段山城 綾部

福知山市と境して僅かに綾部市側に入ったところ・高津町に四つの中世城郭が在りますが、よく知られるのが高津城(高津八幡城)で、も一つは高嶽山頂に在ったとされる高岳城です。あと二つの城が地区内の目前に在ったが、市の遺跡分布図を見て始めて知った。殆ど知られることの無かった城の様ですが、なぜこれ程までに遺構の残存状態の良い城が、集落近くに有りながら市史・資料に情報が無かったのかと不思議・残念な気持ちです。・・・が為に現状態で維持されてきたのかと・・複雑な気持ちです。その二つの城が段山城と将監城。
         主郭切岸下の空掘(横掘)と東曲輪
画像

平安時代の高津郷は何鹿(いかるが)郡に在りながら下高津の観音寺付近は天田郡六人部荘の新荘として、大内城主:平頼盛の所領で、上高津(現:高津町)付近は高津荘(如意別院)として、岩清水八幡の社領だったところ。以後:南北朝期~戦国時代へと一帯を領して勢力をもっていた大槻氏についても出自不明ですが、丹波守護代:上原豊前守に対抗して綾部:位田城に籠城した延徳元年(1489)の「位田の乱」は知られます。しかし敗戦となった乱後の動向がまた不明・・・。
        土橋の一段下には武者隠?の様な曲輪が・・・!!
画像

段山城の遺構は瑞龍寺背後の低丘陵:比高30m程に、主郭を囲んで1~2段の曲輪が廻り東曲輪との間には空掘りが、主郭南北の尾根を堀切で遮断する。単郭ながら整った城館の様だが、土橋を抜けて南への未踏の尾根側にも・さらに城砦遺構が有って、東の将監城へと通じているのかも知れない?。
詳細レポートや画像添付のホームページは工事中。後日:高嶽登山の中で 山城を追加予定です。
  「丹波霧の里」 http://tanbakiri.web.fc2.com/index.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック