妙見砦 丹波市

高見城から北へ延び出す尾根の最北端が県道175に落ち込むところ、佐治川(現:加古川)に柏原川・高谷川が合流する地点。川を自然の濠とした穂壷城があり、丹波守護仁木頼章の高見城支城として、南北朝期には既に存在していたと思われ、数々の城主や戦いの変遷歴史と伝承を伝えています。南へ延びる丘陵には幾つもの城砦遺構が残るのですが、城史を語る情報は殆ど無い。
画像

比高40m程の低丘陵尾根に曲輪を連ねる穂壷城は、尾根続き南で一端高度を下げて比高20m程の緩斜な尾根筋を経て、妙見堂の建つ130mの台地に着く。北に高い切岸をもつ三段ほどの曲輪・最高所は土壇上に櫓台とも思える土塁も有る。南へは低く・段差もはっきりしないが長い平坦地。これ等が社殿等整地に依る改変が有るのかもしれませんが、最南端には土塁虎口をもつ小曲輪も有る。
            妙見砦最南端の土塁虎口
画像

穂壷城~妙見堂まで城砦遺構らしい曲輪・堀切等が連続する為、二箇所の遺構を一城別郭とも、妙見堂側を南出曲輪としても良いのかもしれませんが、中間帯にある曲輪遺構は母坪に残る字名の北屋敷・中屋敷にあたる居館・家臣屋敷跡と思えます。丘城だが水城に分類しても・・・と思える程。今でも佐治川の水流に押し戻され・逆流した柏原川・高谷川による洪水被害がおきる。
        4箇所程の集合墓地(曲輪)と墓地の間は堀切で区分されている
画像

母坪集落内を南へと灌漑用水路が走り、配水場施設もあるが、当時の平地に屋敷が構えられたかは疑問?
民家の屋根に迫り・今は何箇所かに分かれる集合墓地の有る丘陵部に屋敷あとで、有事の際等には曲輪間の堀切を抜けて西の稲畑側に避難したのかも?。居館・家臣屋敷を挟んで詰め城の穂壷城と、連動して南側に妙見砦を設けたものか・・? COOP等ショッピングゾーン側から柏原川を隔てて望む妙見堂の建つ位置は、北間近の穂壷城の出城とするよりは、さらに南へ延びる城砦群と深く関わる穂壷城の旗城に見えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック