高岳城 綾部市

昔(7~8年前)福知山市の六人部(むとべ)から天尖(あまんづく 320m)と、多保市(とおのいち)から高嶽~時ノ子谷上~平石へ歩いた事があった。山城なんか殆ど意識も無く、余り登山レポートも見かけない丹波の里山めぐりに精出していたが、其の2ヵ月後・今度は綾部市側の高津から高嶽を目指したとき、目前の低丘陵に高津城(八幡山城)があり、集落入口の府道には縄張り図付きの絵看板が立てられており、少し興味を持ち其の後:訪れたが、未だこのときには高嶽に向う林道沿いに段山城や将監城の遺構が、真近に眠っていた等想像も出来なかった。
画像

まして二度も山頂を踏んだ高嶽さえ、丹波志に「鷹ヶ嶽に屋敷跡有り・遠見の古跡とみゆる・ ・・」と記されている高岳城跡でもあったとは・・・。登山記録もなさそうな高嶽レポートはもちろん、城情報に接する報告・資料も無さそうです。山頂の広い平坦地が削平された曲輪遺構?で有っても、他に築城主目的!!?の見張台や、連絡の狼煙場等の遺構を確認したいものです。明確な城遺構を見ないまま西へ尾根を下り、以前トレースした北への尾根に向かう。
画像

この尾根分岐の広い肩(鞍部?)の、西側は曲輪か?広い平坦地形。尾根南端部からは堀切か?、空掘状の溝が南下方へ延びていくが、市境尾根に付けられた広い山道なのかも?、北へ向って程なく、尾根端に幅狭い土塁道?を見る。土塁の壁を端にして、尾根幅一杯に反対側の端まで空掘状に削り落とされた空間は、尾根上から見ると土塁囲みの一曲輪の様!!。登山ルート上を北へ向うが、長く続く溝状は山道で堀底道とも思えない。高岳城の主郭が山頂部として、残る遺構がこれ等の堀切?と土塁なのか・・・?も少し広範囲に歩いて見る必要があるのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック