蟲生城館

黒田庄町の三角点山(点名:上比延)は、登山ガイドブックに載っている福谷公園が起点の様ですが、福地地区の御霊神社前からもコースが整備されています。此の神社側近くに蟲生城新館が在り、西の集落上部には蟲生城館が、そして其処から登り始める丘陵上の西山上に稲荷神社が祀られる西郭から東の尾根端ピークに主郭を置く蟲生城(福地城)が在りました。
         蟲生城館の空掘(右:疎水溝?)と手前左には土塁沿いに深い空掘?が延びる
画像

蟲生城館は蟲生城を詰め城としたセットの館跡だったのでしょうが、北の背後を堀切状に灌漑用疎水溝が延び、東端で堀とも思える深い溝谷が、高い土塁線沿いに南に続き、南には谷川が流れ三方を囲われた中に、墓地の平坦地が点在しますが、居館遺構を示すものが見当たらない?
村上氏は嘉吉の乱に没落した赤松家再興の為・南帝・吉野へ討ち入った赤松浪人の一人・村上源三郎の一族と思われます!!。
          蟲生城新館に堀(土塁虎口側の土橋から)
画像

赤松家旧家臣であったと思われる村上氏は、天正の三木合戦に秀吉方として参軍していますので、より一層防備強化を図って築き移った中世末期遺構を残すのが蟲生城新館なのでしょう?。要衝から遠く離れた此処が藩政前後の代官所とも思えず・・・!!
          蟲生城新館の堀切と櫓台土塁   
画像

新城館は城域の丘陵部を深い谷に挟まれた地形にあって、西からの曲輪は水濠を渡る土橋が高い土塁虎口を入る。主郭部の東末端には土塁櫓台の高みがあり、普通尾根を左右に遮断する形の大堀切は、此処では城域丘陵の尾根筋を挟むように馬蹄形に延びる。詳細は蟲生城(福地城)の再訪とともにホームページに紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック