早瀬土人形  播磨上月

もう10年は経過したか!!?、年1回のペースながら、例年・同じメンバーが集まっての山城ミニ・オフ 今年は兵庫も西端の播磨地方。当然ながら播磨赤松氏の地盤も但馬山名氏・中国毛利氏・天下統一には羽柴秀吉等との戦国時代の攻防の舞台・上月(こうづき)町を訪れた。
画像

集合場所の上月歴史資料館。上月城は資料館前から城跡への登山道が整備されていますが、上月城が二つ【大平山古城と荒神山の本城】在る事を観光案内等に記される事は無さそうです? 
上月合戦の本舞台となった荒神山上月城と、なぜか山中鹿之介の最後の戦場となった事で?クローズアップされているようです。合戦以外に城史を語る題材が少ない様で、資料館内の城関連は上月合戦関連の説明パネルと城跡からの土器類の破片数点が照明も無いケース内に置かれているだけ。
画像

館内では「紙漉き」の道具や製品・実演もされていたが、屏風や障子紙として使用される厚手の紙の代名詞として呼ばれる皆田紙。私の郷近くには、多可郡其の名も!!?(旧加美町)加美区に杉原紙もあり紙漉実演者に話しかける期がなかった。館内に展示されているコレクションに早瀬土人形が有った。兵庫県内の土人形では但馬関宮町の葛畑人形稲畑人形と共に知られていますが、稲畑人形を除き後継者も無く廃絶してしまいました。早瀬人形は明治の中頃から約30年にわたって作られてきたといい、時代背景から明治天皇・上官~兵卒等の軍人像等の軍事色濃い造型作品を珍しく注目した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック