六地蔵石幢 夜久野町

福知山市夜久野町の大油子(おゆご)の玄武岩奇怪な石仏をブログに紹介していますが、大油子の集落内にも・此の地方では貴重な石造遺跡が遺されていました。清海寺の六地蔵石幢(せきどう)と宝筐印塔とあり、共に玄武岩製で、室町時代初期の応永年間(1394-1428)のものと推定されています。
画像

説明文には清海寺(廃寺)の南西にあって往時の門前に当る位置といい、現在の喜代見神社(きよみ⇒きようみ)が清海寺跡と考えられます。清海寺が真言宗であったことからは、上記:奇怪な石仏が本尊:大日如来であっても大元帥明王であっても、真言密教との関わりが強く感じられます。そして神社背後の丘陵上には熊野城が在りました。夜久野合戦では宝山(田倉山)から西へ・・兵庫県側の東河川沿いに和田山町にかけて、山名氏勢力の?小さな山城の密集地帯ですが、東側にも牧川沿いの大油子や高内にかけて細川氏・内藤氏勢力?の城の密集地帯!!?。訪城レポート・アップには情報少なく、少々手間取りそうです・・・・・
           ↓ 此の辺りだったかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック