倉町川の”鯉のぼり”

4月4日例年訪れる場所に花見に行ってきました。兵庫丹波・青垣町の岩屋山ハンググライダー・パラグライダーのテイクオフ(フライト)基地へは、倉町川沿いに林道が通じ、其の入口付近一帯には、丹波青少年自然の家の体育・宿泊等各種施設が有りますが、今や丹波の代表的な?桜の名所として、倉町川沿いの桜並木は知られます。
場所は⇒倉町野の春ブログを御覧下さい。
画像

桜の花見時には、倉町川畔から向いの山中腹へとロープを張って、数多くの”こいのぼり”が倉町の谷間を流れる”そよ風”にのって、心地よい青空を泳ぐ姿が例年望まれ、春に一時の長閑なイベントとして花見に訪れる人々を歓迎してくれていました・・・・・が、見納め:此の姿も今年を最後に消え去り、そのうえ(青垣町内)商工会加盟店?が地元特産のアザミ菜浸や和菓子・あまご塩焼き等、僅かながら・ささやかに出店されていますが、観光協会!!??からは今年からは電気代を徴収するとかで、其の性か町内青年団の軽食?だったかのテントは無い。花見恒例のボンボリ等も電球はセットされていない。ライトアップも今年はされないのかも?
画像

何の観光資源も無い地区にも・・・・アイデイア・工夫で活性化 多くの人々を集めることに成功している例もあるなかで、人件費等の費用が嵩む為か、廃止・縮小・規制・値上げ等で楽観的な対処では、名所は此処だけではない・・と一寸寄ってみても通り過ぎるだけ?。鯉幟は「少年自然の家」の企画で実行されてきたが、風による傷みも酷くなり修繕しながら維持されてきたが、もう限界で中止されることになった様で残念です。・・・が施設内での場所や展示方法を検討して、活動の場を見つけて欲しいものです。引退は惜しい・さみしい・・・

主食には副食がつくもの。つまらないイベント会場にも・なにかプラスαの要素があれば、盛り上がることも。私にとっては:人出も少なく静かな自然の中に身を置く、時間の過ぎることも気にせず過せれば、この上ない幸せなんですが・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック