仁位山城 播磨

織田信長は天正5年(1577)羽柴秀吉に中国攻めの初戦として、先に紹介した上月(こうづき)城主:毛利方・赤松政範の攻略を命じ、作用川を挟んで上月城と対峙する仁位山に、上月城包囲の付城を築き、安藤信濃守を入れて布陣し、秀吉は尾根続きの高倉城(城主:赤松義則)を攻め取って、此処を本陣としています。
画像

仁位山城から高倉山城を繋ぐ尾根上にも、上月城合戦時のものと思われる遺構が残されていますので、これ等の遺構を探索しながら二つの向城(仁位山城~高倉山城)を縦走往復してみます。
先ず向う仁位山城は上月城登山口の上月歴史資料館前からも、間近に望める山で、山頂の無線中継塔を目指して見土路集落からの林道を駆け上がります。
         林道北の谷側にも大きな竪堀が数条・・・
画像

この林道が仁位山城の必見特徴の畦状竪堀群を削いて横断しているので、山側斜面には輪切りされた竪堀群の断面を見ることが出来るのですが・・・土塁壁状に畝幅を拡げず・谷筋も短いながら真直ぐ落とされ、埋もれ崩れてもいないので確認容易な20条程の竪堀が並ぶ一連部分は圧巻です。
        仁位山三角点峰(主郭!!)北の土橋付堀切
画像

林道の谷側にも4~5本の幅も深さも有る長い竪堀が見られ、此処も当然・畦状竪堀群ですが、20連?の畦状に圧倒される訪城者には 興味薄?なのか、北の最高地点(三角点石標が埋まる)が本丸の様ですが、此処の土橋付堀切も(季節によっては雑木藪で隠れてしまうためか?)、見過ごされる事は有るようです・・・・!!?
見学の後は林道を少し下ったところから、高倉山城へのトレースに出発します。HP用のレポートは・所用で忙しく進捗が中々おもう様に進まず・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック