ト-チカ 舞鶴市

建部山(舞鶴富士・丹後富士)に登った際に寄った道の駅”舞鶴港とれとれセンター”や、赤レンガ博物館にも置いてある舞鶴観光ガイドマップを手に、今回も東地区を歩いてみる。赤レンガ博物館~舞鶴市役所~自衛隊桟橋までのR27号線沿いには、明治期~昭和初期頃の赤レンガ造りの倉庫群が残る。
     観光スポット:赤レンガ倉庫群を前にしてノーマークのトーチカは?(右端部の側道上・四角いブロック)
画像

明治時代に旧日本海軍の鎮守府が置かれた軍港都市の軍需品備蓄倉庫・兵器・弾薬庫や水雷庫が、極一部は記念館・博物館にと内部は姿を変えても、外装は軍港時代の往時の姿を忠実に伝えて、赤レンガ造り倉庫として遺され、いまも現役使用されてもいます。
画像

これ等倉庫群とR27号線の車道を挟んで反対側(南)の、歩道側壁上に小さな方形コンクリート塊を見る。上水道の調整施設かと思えたが、側壁には長方形に小さく切出された窓が開く。ガイドマップの東地区散歩モデルコースに記載が無いが、鉄筋コンクリート製の防衛陣地:トーチカ。旧日本海軍の鎮守府が置かれた軍港都市だけに他にも数基が築造されていたものか?。周辺には此処に一基のトーチカだけだが、壁面の孔から1~2の軽機関銃の銃口を海に向け?備えていたのでしょうか?。構築された年代や目的は知らないが、トーチカの下は殆どの区間がトンネル内と思える鉄道が走っていた。3~4人も入れば身動きも出来ない程狭く小さなトーチカが軍需鉄道警戒のものか?・敵兵に対する警護より空爆に備えて高射砲等が必要ではとも思ったが、舞鶴湾を囲む山々や岬に設営されている大型堡塁・砲台に空と海を任せて、陸路のR27号線を今も見下ろしている!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック